ポール・キャンドランド、ウォルト・ディズニー・カンパニー・アジアの社長に就任

ウォルト・ディズニー・ジャパンの社長が、ウォルト・ディズニー・カンパニー アジアのプレジデントという役職に新たに就くことになりました。

日本、韓国、東南アジア、中国語圏を統括する新たな役職に、ポール・キャンドランド氏が就くことになりました。同社のチェアマンには、中国語圏でマネージング・ディレクターであったスタンリー・チャン(Stanley Cheung)が昇進します。

ディズニーとしてもアジア圏、特にグレイターチャイナ(中国語圏)は超重要圏ですので、これは大きな昇進なのではないでしょうか。テーマパークについては、上海ディズニーランド、香港ディズニーランドを引き続きパーク&リゾートチェアマンのトム・スタッグスが担当します。

この件について、日本語リリースでボブ・アイガーは下記のようにコメントしています。

「アジアはディズニーにとって素晴らしい成長の可能性を秘めた極めて有望な地域であり、今回の役員人事は、アジアにおける現在および将来のチャンスを確実に最大化していくために考えられたものです。この新体制は、当社がアジア市場において戦略的に成長を遂げる中で、部門や各国におけるベストプラクティスの共有にさらに注力し、その能力を高めてくれるでしょう」

ポール・キャンドランドの直属上司となるウォルト・ディズニー・インターナショナルのチェアマンであるアンディ・バード(Andy Bird)のコメントはこちら。日本の女性ヤングアダルトに言及しているのがすごい。

「ポールのリーダーシップのもと、当社はグレイターチャイナ、日本、韓国、東南アジアにおける当社のビジネスを促進させることができるでしょう。ポールは日本のビジネス拡大で優れた実績を挙げており、すべての事業セグメントにおいて二桁成長を達成してき ました。特に、ディズニー・モバイル、ゲーム、ディズニーストア、ディズニー・コンシューマ・プロダクツの成功に加え、女性ヤングアダルト(Young Adult Female)向けチャンネルである Dlife の立ち上げでも成功を収めています」

全然関係ないところで気になったのは、再度トム・スタッグスの表記がスタッグ“ズ”になってることと、ポール・キャンドランド氏ってブリガム・ヤング大学卒だったのかー、という点。