「ベイマックス」第27回東京国際映画祭オープニング作品としてプレミア公開決定

シェアする

東京国際映画祭でディズニー作品は久しぶりだ……。


2014年10月23日から開催される第27回東京国際映画祭オープニング作品として、ディズニー長編第54作目「ベイマックス」(原題:Big Hero 6)の公開が発表されました。これは世界最速のプレミア公開になるとのこと。

東京国際映画祭とディズニーの関係はかなり古く、その昔は「ターザン」でフィル・コリンズとグレン・キーンが来日し、とてもミニとはいえない曲数のミニライブも披露しました。2001年にはクロージング作品として「アトランティス」が選定され、こちらはロイ・ディズニーが来日。こちらはドリームズ・カム・トゥルーのライブがあったため、チケットの争奪&席の争奪はかなりのものでした。

それに加え、ウォルト生誕100周年のときは「ディズニー映画祭」も併催されていたことや、ピクサー短編を集めたセッションがあったりなど、昔は良かったなあ…と思うことしきり(ちなみにその昔、単独でディズニー映画祭を恵比寿ガーデンプレイスでやってたこともあったんだよなあ。キャラクターも来てた)。

今回の件は久々に(Up以来?)東京国際映画祭に行かなくては、と思う内容でした。チケット発売は後日発表。あとは「Walt Before Mickey」がくることをひそかに祈ってます。

追記:2014年9月30日

念のためですが、チケットは2014年10月11日、ticket boardサイトにて発売されることが発表されています。