ボブ・アイガーCEO、「2014 CEO・オブ・ザ・イヤー」を受賞

シェアする

Chief Executive MagazineによるCEO・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。

ウォルト・ディズニー・カンパニーのCEO、ボブ・アイガーがChief Executive magazine選出の第29代CEOオブ・ザ・イヤーを受賞しました。これを記念し、ニューヨーク証券取引所(NYSE)のクロージングベルを鳴らしたようです。

https://twitter.com/DisneyInterns/status/489904554000281600

今回の受賞にかんして、Chief Executive MagazineのWebサイトではインタビュー記事も掲載されています。低迷していたディズニーを復活させた立役者として、内外からの評価も高まっていますね。立て続けにピクサー、 マーベル、ルーカスフィルムと大型買収を成功させただけでなく、オズワルドを帰還させた立役者だったりするので個人的にも感謝のひと言だったりします。

現時点では、ボブ・アイガーCEOの引退は2016年6月とされています。それまでには、上海ディズニーランドの開園、スター・ウォーズEp7の公開など、大きな行事が待っています。花道を飾れることを祈ります。