アラジン版「ディズニー・ダイニング・ウィズ・ザ・センス」を一足先に体験してきた

シェアする

7月20日から8月27日のうちの15日間に開催される、東京ディズニーランドホテルのイベント「ディズニー・ダイニング・ウィズ・ザ・センス」アラジン版を体験してきました。その様子はねとらぼで!

ということで、2013年夏・2014年冬の「美女と野獣」に続き、2014年夏は「アラジン」が登場です。私は夏に個人で参加した後、2014年冬にプレスで呼んでいただきまして、2回楽しんでおります。2回目は既にネタばれした状態での参加でしたが、それなりに楽しかったのを覚えています。

ディズニー ダイニング ウィズ ザ センス (c)Disney

ディズニー ダイニング ウィズ ザ センス (c)Disney

ここだけの話ですが、今回テーマとなる映画は異なるものの、「同じ目隠しフルコースだしなあ……」ということで、プレスプレビューに参加したいけどねとらぼ編集部的に興味あるかなー、と不安になってました。

で、実際に体験してみたらすごく工夫されてる!というのが印象。ネタばれ厳禁のイベントなので書けることが大変限られている(1品目以降の内容は露出厳禁)上で察してほしいんですが、今回はプログラムの最後の最後までアイマスクが外せません(前回はコース終了後、アイマスクを外してから退場でした)。そして魔法をかけるのが、マジカルシェフだけでなく「ジーニー」もいる、ということ。前回以上に、登場キャラクターに意味がある構成になっていました。「ジーニーが登場」という文字の安定感というか不安定感。

あとメニュー!1品ごとに前回以上の驚きがありました。ここについても書けないので、プレスリリースを引用します。

そこに現れたのは ランプの魔人“ジーニー”。お調子者の“ジーニー”は、あり余る魔法の力で勝手に お料理にアレンジを加えます。どんどんエスカレートしていくジーニーの魔法と、味わったことのないマジカルなお料理の数々で、驚きとイマジネーションに溢れる最高にマジカルなパーティーが繰り広げられます

これが文字通り、目の前で(目隠ししてるけど)行われます。あー、イマジニアとはちょっと違った角度から魔法を現実のものにしようとしてますよ、東京ディズニーリゾートのディズニーホテルは!前回も思いましたけど、世界のディズニーパークスに誇れるイベントでした。

今回参加者に配布されるオリジナルグッズ。反対側はジーニーのシルエットです

今回参加者に配布されるオリジナルグッズ。反対側はジーニーのシルエットです

ということで、ディズニーホテル(ミリアルリゾートホテルズ)のネタになると超ステマ風になってて恐縮なんですが、まだチケットが残っているようなので、前回行ったからいーやー、っていう人こそ体験して、美女と野獣版との違いなんかを感じてほしいなあ、と思います。ぜひ!