アメリカで赤ちゃんに「エルサ」「クリストフ」「ハンス」「スヴェン」と名付ける親が急増

ちょっと前のお話。Babycenterによる統計が話題になっています。

babycenterによると、映画「Frozen」に登場したキャラクターたちの名前を子どもに付ける親が増えている、と話題になっています。それによると、エルサは278位から183位へ(34%増)、アナは37位から35位へ(5%増)、クリストフは450位から271位(40%増)と増えているということ。スヴェンも増えているそうで(さすがにオラフはさほど増えてない)。

これを見ると、アメリカにおいてディズニー映画の影響は日本以上にあるのだなあと。ディズニー映画はこういう影響がでて話題になることが多く、以前実写版101が公開されてはダルメシアン人気になってたたかれ、ファインディング・ニモが公開されては子どもが熱帯魚をトイレに流して問題になりと……。名前くらいはいいか。

そしてさらに、ディズニーパークス公式ブログのライターの一人、ゲイリーさんが面白いグラフを出してくれました。

Gary Buchanan on Twitter
“More #Frozen frenzy: "Elsa" is on the rise on the baby names list.”

これはディズニーキャラクターの名前を付けた子どもと、映画の公開を示したもの。もともとポピュラーな名前も多いですが、「アリエル」「ジャスミン」などは映画公開とともに急角度で伸びていることが分かります。