オリエンタルランド社株主総会で見えたもの、見えなかったもの

シェアする

この記事は個人の感想であり、正確性とかは二の次です。自分メモとして。

いやはや、今回の株主総会は昨年以上にまともだった!というのが印象。昨年からの変化は「お土産がなくなった」なので、これは成功なのかもしれません。あと最近の株価高止まりね。最高。ありがとうOLC。

さて、今回自らも質問ができて大変満足な内容でしたが、その回答など、全体を通して「なにも新情報がなかった」という印象でしょうか? いえいえ、今回のは例年になく、ヒントが大量にありました。

●NISA対策しないの?

個人的にはこれ。震災があったときには6000円を割り込んだ4661ことOLC株もいまや17310円(6月27日終値)。そして先日から始まっているNISAは年間通して100万円の枠があり、OLC株はどうやったってNISA対象にはなり得ません。しかもNISAは益側のリターンは拡大するが損側のリスクも拡大するという性質なので、値上がりする銘柄でないと枠を使えない。そんな中の質問だったので、回答は予想通りでしたがありがたい質問でした。

ただ、このような株式分割が可能な状況にもかかわらず、まだ動いていないと言うことは、現状の株主構成比率を変える必要がない、と考えているのだろうなあ、と思いました。

●男性向けの施策はないの?

今回の想定してなかったほうのMVP質問。回答は「ない」でしたが、これはすなわち「マーベルコンテンツの舞浜上陸は想定していない」にほかなりません。つまり、この質問への回答はかなりの情報量がある、と見るべきでしょう。

すごく残念ですが、そこには何か契約上のアレがナニなのかもしれません。もしくは既にオリエンタルランドはマーベルコンテンツを腐女子コンテンツとみているかのどっちか。

●東京ディズニーシーの拡張用地の使い道

ここは一緒に反省会をした@ni_gataさんの指摘。具体的には1つ目の質問「5000億の投資はなにに使うのかもうちょっと具体的に教えて」の回答です。

東京ディズニーシーは拡張用地もある。新しい魅力あるコンテンツ、アトラクション等を導入することで、魅力を上げ、多くのゲストに来てもらう。直接的なパークの魅力アップ。

実はこれが超重要な情報。

2016中期経営計画より引用

2016中期経営計画より引用

にーがたさんとも話していたのですが、そもそもオリエンタルランドは東京ディズニーシーのあの空き地に対して「アトラクションを作る」とはひと言もいってないんですよね。そりゃ作るのは当たり前だろうというのは理解していますけれど、そこに対して「アトラクションを導入する」と踏み込んだ発言があったのは要注目。

●東京ベイNK跡地にはホテル・・・なのかな

今回驚いたのはベイNKはもともと「ホテル用地として届出、申請している場所」ということ。え、じゃあもうホテルで決定じゃん、と思う次第。

ついでに言うと、1つ目の質問において舞浜外の新規事業はどうするんだ、と聞かれて最初に回答したのが「ホテル事業が…」。ここはつっこんで聞きたかったところでもあるのですが、以前のアナリスト向けの質疑応答内容と合わせると、日本のどこかにディズニー本社と組んで日本版アウラニ作るしかないでしょう、と思ってます(ここでいきなり妄想)。

●ワンス・アポン・ア・タイム開始による混雑対策は?

これも超気になっていたところ。5月29日にスタートしたワンス・アポン・ア・タイムは大好評ですが、同時に大混雑を引き起こし、6月14日には異例の再入場制限を、6月21日は入場制限後再開しないという判断を行っています。

これについては初日の混乱は想定外だった、ということが今回の質疑応答で見え隠れしました。そのため、急きょ対策を打っているということも分かったのがポイント。公表された対策としては「スロークローズを実施した」という発言も。それ以外にも、キャストを各地から集結させる、中央のフォトロケーションを撤去するなど、迅速な対策をしている、という印象です。やはり安全が第一、というSCSEの精神が生きていると。

個人的には、ここで「年間パスポート利用者」がどう見られているのかすごく興味がありました。そこでこの質問になるわけですが……。

●年間パスポート利用者の動向は追い切れていない?

年間パスポート利用者の客単価を高いと見ているか、低いと見ているかを聞くことができました。執行役員の角本氏からの回答は模範的な内容で、年間パスポート自体の収益は利益に寄与している、客単価については今後調査して、その上で判断する、というものでした。

これはつまり、近々に年間パスポートの仕組み自体に変化はない、ということになると受け取りました。

客単価が低ければ販売の抑制や制限を行うことで、この混雑を緩和させる方向へ向けるべきですし、客単価が高ければもっとプレミアムな特典を付け、七夕ウィッシングやバレンタイン・ナイト、特別グッズなどで収益を上げるべき……と思っていたら、そもそもの客単価を調査できていない、という回答だったと(まあ、そりゃそうだよね)。

本来ならば、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのように「クレジットカード機能付き年間パスポート」がベストです。これなら、年間パスポートユーザーがどのようなパーク内行動をしているかが分かります。しかし今回の回答を見るに、年間パスポート自体の仕組みを変えることすら検討段階に入っていないと見えました。となると、早急な変革を行うことはないので、いまのパークの混雑から「年間パスポートに期間制限や縛りがつくのでは」という心配はあんまりしなくていいのかなあ、と。

ただこれ、調査はした方がいいと思うんですけどねえ。個人的な予想としてはちゃんと客単価は高めに出てくるんじゃないかと思うので、だったらむしろ年パス限定のプレミアムショーをお金取ってアンフィシアターでやるべき。


そのほか、確実にノーコメントであろうと思った「アナ雪の活用は」に対して「早期に検討、ご期待下さい」と、それなりに回答があったことはうれしい驚きでした。これについては多分、オーディション情報から見えてくるんじゃないかなー、と思ってます。今日ちょうどこんな情報も出てきたところですし。

あ、あともうひとつ、「ピーターパン空の旅」「白雪姫と七人のこびと」「ピノキオの冒険旅行」すべてが(ひとまず)安泰だということも超重要。実際のところこれらのアトラクションはワンス・アポン・ア・タイムのショーの関係で大規模に工事できないので知ってたわー情報ですが(本家白雪姫はドが付くほどのクラシックアトラクションながら、ディズニーランド版もマジックキングダム版もすっっっっごい興味深い話があるので、それはまたいずれ紹介します)。

そもそも今回の5000億投資の話、「いままでキャッシュフローをためていたけど、それを投資に回すよ!5000億の原資は投資してリターンが帰ってきたらそれをまたつっこむよ!」という壮大な自転車操業なので、普通の株主的には「ありえんだろー」なのに、それなりに説得力を持っているのがオリエンタルランドのすごいところ。しばらくはいろんな妄想がはかどりそうです。

あ、あとユニオン関連はまったく情報がないので中立的な立場を。そして最初の質問で「スターウォーズエリアとかラプンツェルのエリアとか……」って言ってたことについては若干反省しました。それ妄想ですスミマセン。

追記:

なんか賃金の話をピックアップして盛り上がっているようですが、あれは「時給だけじゃなくて他のさまざまな施策を総合すると他の企業に負けない」の意味だと思います。自分はオリエンタルランドでアルバイトしたことがないので実際のところは分かりませんが、時給を重要視して働いている人は「他のところに移る」という手段がアルバイト最大の武器ですんで、それがあまり行われず、必要な労働力は確保できている、ということが回答なんじゃないかと思います。ただし上記ユニオン関連はまた別の話。

あと株主総会にキャラクター出してほしい、っていうのも、そもそもの質問意図は会場が分かりにくかった、というもの。でも海浜幕張駅からすっごい数の案内出してたけどね……。そして本家ディズニー社の株主総会はキャラクターが登場するだけでなくキャラグリまで行われてますので、「キャラクター出せ」は実はそこまですっとんきょうな要望でもなかったりします。本家株主総会の質疑応答でちっちゃな子が「キングダムハーツ3はいつ出るの?」って聞いてたし(笑)。