株式会社オリエンタルランド 第54期定時株主総会 ライブブログ

シェアする

ライブブログを可能な限り。

株式会社オリエンタルランド、第54期定時株主総会にきました。
株式会社オリエンタルランド、第54期定時株主総会にきました。 Photo by mtakeshidpostjp

ログ追うのが大変だと思うので、ざっくりとした感想はこちらを。

第54期定時株主総会 ライブブログ

2014/06/27 09:20:30

10時より開始です。

2014/06/27 09:28:58

The colors of Tokyo Disney Resortという映像が流れはじめました。

2014/06/27 09:31:15

これだ。なんでyoutubeに上がってるんだろw

2014/06/27 09:41:41

基本的に式次第は下記ページにある「招集ご通知」の内容を映像とともになぞるのみ(ナレーションも完全に文言と一致)なので、あらかじめ内容を見ておくといいでしょう。

2014/06/27 09:42:24

参加役員の方、前列のみメモ。後列は執行役員の方々。
執行役員 安岡 譲治氏
取締役 髙延 博史氏
取締役 菊池 和年氏
取締役 髙野 由美子氏
取締役 田丸 泰氏
代表取締役社長(兼)COO 上西 京一郎氏
代表取締役会長(兼)CEO 加賀見 俊夫氏
取締役 入江 教夫氏
取締役 鈴木 茂
取締役 横田 明宜氏
取締役 片山 雄一氏
執行役員 永嶋氏

2014/06/27 09:43:30

今回の決議事項などはこちら。

報告事項 第54期事業報告、連結計算書類、および計算書類の内容
ならびに会計監査人および監査役会の連結計算書類監査結果報告の件
※第54期:2013年4月1日から2014年3月31日まで
決議事項 第1号議案 剰余金の処分の件
第2号議案 監査役1名選任の件

2014/06/27 09:45:54

次の映像は、東京ディズニーリゾート Style。

2014/06/27 09:46:21

もう夏バージョンのですね。ディズニー夏祭りの紹介。

2014/06/27 09:51:21

フルータ!フルータ!フィエスタのスチル写真がでてる。ロゴはない。

2014/06/27 09:57:19

役員の皆様が着席開始。

2014/06/27 10:00:26

司会者による開会のあいさつスタート。
代表取締役社長(兼)COO 上西 京一郎氏があいさつ。

2014/06/27 10:01:22

本日花田取締役が欠席。壇上には執行役員も参加。

2014/06/27 10:02:56

まずは監査報告。監査役、土屋氏から報告。招集通知監査報告書の通り。法令、定款に適合して指摘事項なし。

2014/06/27 10:03:19

連結計算書類についても招集通知の報告書の通り。公正妥当で指摘事項なし。

2014/06/27 10:04:32

続いて、事業報告、連結計算書類の内容について報告。映像を元に。

2014/06/27 10:05:07

(招集通知7ページから読み上げるかたち。)

2014/06/27 10:06:38

(正しい数値は招集ご通知を参照してください。ここでは間違いが怖いので後ほどアップデート。)

2014/06/27 10:08:59

現在、11ページの東京ディズニーリゾートで行った各種施策を、映像とともに紹介中です。

2014/06/27 10:13:54

続いて、ホテル事業の説明。こちらも過去最高の売上高、営業利益。京都ブライトンホテルについても言及があります(招集通知参照)。

2014/06/27 10:16:00

そんなタイミングですが年越し特別営業が発表されています。

LINK:東京ディズニーランド®/東京ディズニーシー® 2014 年度のスケジュール

2014 年 12 月 31 日(水)午後 8 時~2015 年 1 月 1 日(木)午前 7 時
2014 年東京ディズニーランド/東京ディズニーシー「ニューイヤーズ・イヴ」<年越し特別営業> 東京ディズニーランドと東京ディズニーシーでは、2015 年 1 月 1 日の午前 0 時、華麗な花火とと もに新年の幕開けを祝う「ニューイヤーズ・イヴ」を実施いたします。 ※「ニューイヤーズ・イヴ」開催時間帯への入場は専用パスポートが必要となります


2014/06/27 10:16:51

その他の事業。
リゾートラインが増加したため前期比5.6%

2014/06/27 10:18:21

連結決算書類についての解説。こちらも数値は通知の資料を。

2014/06/27 10:19:16

連結損益計算書の主な内容。
売上高は入園者数増加で前期比19.7%
営業利益。人件費、東京ディズニーリゾート30周年関連コスト固定経費増加したものの、売上増加により前期比40.5%増。

2014/06/27 10:19:49

事業報告の映像、終了。議長上西氏が戻る。

2014/06/27 10:20:21

上西氏から中長期計画の解説。2023年「2023ありたい姿」。
これに至る前の、2016中期計画。

2014/06/27 10:22:03

2023ありたい姿。
コア事業の長期持続的な成長
新規事業の新たなる成長。
ここで、10年合計5000億レベルの投資を実行、2023年までに3000万人レベルの入園者数。
東京ディズニーランドはエリアの一新などインパクトのある大規模開発、
東京ディズニーシーは拡張用エリアの活用。
両パークで、快適な環境作りにむけた整備、など。

2014/06/27 10:22:21

舞浜エリア外での新たな成長の柱。
1セグメントレベルになるのを目標。

2014/06/27 10:24:14

ここから2016中期計画。
コア事業:
マーケットの変化に応じた基盤の整備、営業キャッシュフローの最大化。テーマパーク価値を高める投資案件を決定し、順次着手する。
新規事業:
レジャー/エンターテイメント/教育事業を検討
財務方針:
営業キャッシュフロー 3年の2800億円以上と設定。
株主還元は安定的な配当を目指す。予想120円(通期)。
ROE維持向上を目指す。

2014/06/27 10:25:26

CSRの紹介。Make Happinessや被災地訪問。浦安市内ウォーキング&クリーンアップ。などの取り組み。
事業報告これで終了。

2014/06/27 10:27:02

議案の上程。
第1号議案。
剰余金処分の件。株主利益還元を重要施策の1つと認識。安定的な配当を目指している。当期は今後の投資への内部留保も勘案し、一株60円。年間120円(前期同様)。
第2号議案
監査役1名専任。中嶋氏が辞任するので、須田氏を専任。

2014/06/27 10:28:29

議決権数。事務局より報告。
現時点での株主98454名。836756個の議決権数。
行使したのは30476名、議決権数667190個。

2014/06/27 10:28:57

質疑応答スタート。

2014/06/27 10:29:36

一人1問、3分以内に、という注意事項。

2014/06/27 10:31:10

質問1:
最高利益を上げたことに感謝。
中期計画について。5000億の数値は出てきたが、その内訳を具体的に教えて欲しい。こんなことを考えている、など。スターウォーズエリアやラプンツェルの塔など夢のあることを。
新規事業はネポスなど、いい印象がない、何をするかを教えて欲しい。

2014/06/27 10:36:53

回答1:
代表取締役社長(兼)COO 上西 京一郎氏から回答。
この10年間で5000億円の投資。これはテーマパーク事業に投資する。具体的な話はつめられていないぶぶんもあるので回答は控えるが、考え方を。
分類として。テーマパークの直接的な魅力をアップする。東京ディズニーランドについては、エリアを一新させて、新しく東京ディズニーランドが生まれ変わった、といえるほどの投資。東京ディズニーシーは拡張用地もある。新しい魅力あるコンテンツ、アトラクション等を導入することで、魅力を上げ、多くのゲストに来てもらう。直接的なパークの魅力アップ。
あわせて、東京ディズニーランドは30年を超えた。東京ディズニーシーも10年超えた。そういう中、施設のハードの機能、見栄えを維持向上させる必要がある。その大規模な更新改良、あるいはこれからのパークに来るゲストの方々への、年齢層の変化も推測できる。そういうことをとらえ、ゲストに楽しんでもらえるような、パークの環境向上。グレードアップさせることも。
ゲストのサービス、ホスピタリティをあげるには、裏方のサポート機能も必要。これも拡充。従業員が働くための機能の向上。これも含めて、5000億をテーマパーク中心の投資として判断したところ。
一朝一夕ではなかなかできない。10年後にはさらに魅力のあるパークに。3000万人のレベルが恒常的に来場されるようなパークに。
新規事業:
確かに具体的なことがないことで申し訳ないと思っているが、過去も検討しうまくいかなかったことがあった。それを総括したうえで、企業価値を上げるために新規事業も必要。改めて公表させていただいた、ということ。
ネポスの話もありました。一昨年度にホテル事業を2つ目のセグメントに成長。一昨年度ブライトンホテルを買収。浦安は補完として大変有用。京都にもある。ブランドのあるホテル。浦安を離れてちがうちいきでのほてるじぎょうをするというチャレンジ。これも新規事業の1つ。
拙速に何かをやればいいというわけではない。が、スピード感を持っておこなう。利益になるものを。

2014/06/27 10:38:32

質問2:
長期計画の中でハード面では入場者数増加、施設投資など話は分かる。ソフト面、今後キャストの人材確保、教育をどうするか?

2014/06/27 10:41:10

回答2:
取締役 入江 教夫氏が回答。
キャストの採用管理を行う入江氏。
キャストの雇用。外部環境は厳しさを増す。ただし現在においては必要数を充足している。ただし。アルバイト採用は外部環境の影響を受けやすいので、雇用動向(時給相場)をみながら、対応したいと思う。
いずれにしても安定雇用を実現していく、具体的には。施設が増えればキャストも必要になる。一方で舞台裏の機械化、年齢層の幅が広がることにも目を向ける(今もやってるけどさらに)。
今後のサービス維持、質を維持しながら量も確保していく。

2014/06/27 10:42:15

質問3:
NISAが始まった。オリエンタルランドは個人株主が多い。今の金額では買いづらい。
株式分割の検討は?ぜひ検討してほしい。

2014/06/27 10:42:26

(超同意。)

2014/06/27 10:43:59

回答3:
高橋執行役員から回答。
経営統括担当。高橋氏。
当社の投資単位は1000株から100株に引き下げた経緯がある。いま株価も上がっていて、NISAとの兼ね合いも慎重に検討。
今後の株主構成、株主数を慎重に検討。今後どうするかを決めておきたい。現時点では検討中で、明確な回答はできない。ご理解を。

2014/06/27 10:45:10

質問4:
質問と言うより要望。
株主優待パスポートをいただいているが、ホテルの割引や食事の割引を検討してもらえないか?

2014/06/27 10:47:58

回答4:
取締役 鈴木 茂氏が回答
総務担当。
弊社での株主優待制度については、株主への感謝の念、当社の事業の理解を深めてもらいたいとして実施。持ち株数に応じたパーク入園チケットを提供している。
株主からはさまざまな要望をいただいている。当社のパーク以外の関連施設で利用できるようなもの、充実した・・・にファストパスをもらえないか、というような要望が来ている。
これまで検討を進めてきた。現時点ではなるべく長く保持してもらいたいため、その観点で検討を進めているところ。
一方。株主優待だけでなく、配当や自己株式取得などでの株主還元を求める方もいるのが事実。その中で優待がどうあるべきか検討しているところ。

2014/06/27 10:49:28

質問5:
具体的な説明が欲しいのだが、損益計算書の社債償還損が発生しているが、これについての説明がない。今後も継続的に発生するのか。これを説明して欲しい。

2014/06/27 10:51:48

回答5:
取締役 片山 雄一氏
経理担当
これは既に発行した既存の社債をデットアサンプションした結果。2012年度にも出ている。その金額を増やしたことから指摘の償還損が発生した。
デットアサンプションは償還損として費用計上。来年度(14年度)の未払い損を圧縮しているので、長期的には有利。財務体質の改善を図るため。オフバランス化のために実施した。
資料:社債残高ゼロ。すべてデットアサンプションしたので、今後は実行の予定なし。
財務体質の改善のため、こういう対策を行ったとして理解してほしい。

2014/06/27 10:53:13

質問6:
私自身、東京ディズニーリゾートのショーを楽しんでいる。
ワンス・アポン・ア・タイムのような新たなエンターテイメントが今後導入してもらうのはありがたいが、導入が遅かったのではないかと思っている。
今後刺激的なショーを継続的に行うについて、どういう戦略があるのか。

2014/06/27 10:56:21

回答6:
酒井執行役員
エンターテイメントを担当。
プロジェクションマッピングについて。5/29にスタートしたワンス・アポン・ア・タイム。技術としては最新のもの、プロジェクションマッピング以外にも花火やレーザーを融合したショーになっている。技術の進歩で言うと、先駆けてと言うのは難しい点もあるが、最新の技術を使って喜んでもらいたいと思っている。
東京ディズニーランド、東京ディズニーシーそれぞれにおいて、ゲストの皆様にアンケートをいただいて、その評価、戦略を検討しながら、小さなお子さまから高齢の方まで楽しめるショーを開発する。

2014/06/27 10:58:24

質問7:
年間パスポートユーザーの客単価を、オリエンタルランド社は高いと見ているか、低いと見ているか。

2014/06/27 10:59:14

回答7
執行役員、角本氏。
年間パスポートの販売自体は、利益面で貢献していると判断している。客単価は今後調査、判断する。

2014/06/27 11:00:48

質問8:
質問と言うより要望。

2014/06/27 11:03:12

株主総会の会場が分かりにくかった。もっと案内を出してほしい。たとえば会場案内にキャラクターを出すとかはどうでしょう、という話でしたが、パーク外でキャラクター出すのはできない、という回答。

2014/06/27 11:05:00

質問9:
株主優待券を使用して、年に2回交互にパークに行く。ランドがメルヘンチックで好き。ファンタジーランドが特に。イッツ・ア・スモールワールドの前にピーターパン、白雪姫、ピノキオなどのアトラクションがあるが、あんまり楽しくない(苦笑)。あの辺をもっと夢のあるようなものに変えて欲しい。
例えば、童話の世界を大人が見ても楽しめるような感じに。

2014/06/27 11:07:33

回答9:
林執行役員
テーマパーク施設開発。
指摘のあったファンタジーランドのクラシックな、開園当初からのアトラクションも、いままで数多くの改善、ショー追加で価値の維持、向上をしている。
これらアトラクションについて、現時点での新たなショー改善の計画はまだないが、意見は頂戴した。
来場者アンケートの満足度や利用実績などを勘案し、施設の改廃などを考えている。今後についても東京ディズニーリゾートにいつ訪れても新たな発見、感動や喜びを提供できるよう、リニューアル、改善改良に取り組む。

2014/06/27 11:08:01

(今回の株主総会、昨年以上に面白い)

2014/06/27 11:09:25

質問10:
東京ディズニーリゾート、さまざまな層をターゲットとして取り組んでいくと言うことだが、OLCの「男性」への取り組みは?

2014/06/27 11:12:00

回答10:
執行役員 角本氏 テーマパーク統括
理念として「Family Entertainment」というのを掲げている。昨今ファミリーという概念も変わり、3世代や母娘など、いろんな方々がいろんな形で来園していると認識。
その理念の中で、男性に絞った何か、ということだが、ファミリー全体でお越しいただいて、楽しんでもらいたいという思いでアトラクション、ショーを検討し、提供している。男性“だけ”に喜んでもらう、という点は特段打ち出していない。男女を問わず楽しんでもらえるようなパークに。

2014/06/27 11:12:57

質問11:
旧ベイNKホールの活用は?

2014/06/27 11:14:44

回答11:
経営統括担当の高橋執行役員
NKホールは現在使用できない状況。これは老巧化による。
ホテル用地として届出、申請している場所。
これを購入した理由。土地をいかに有効利用するかという企業。
テーマパークで5000億を投資するとしたが、あわせて東京ディズニーリゾートを充実させるか、という点も。テーマパーク拡充にあわせて検討。具体案はまだ(5000億投資と合わせ)。確定時点で開示する。ご期待いただければ。

2014/06/27 11:16:12

質問12:
ワンス・アポン・ア・タイム初日に行った。ライブ会場のように人が密集し、けがや気分の悪くなった方もいた。迷子もいた。新たなショーも重要だが、ゲストの安全確保も必要なのではないか。

2014/06/27 11:21:54

回答12:
佐藤執行役員が回答
運営を担当する。
ご迷惑、ご心配をおかけし誠に申し訳ない。
ワンス・アポン・ア・タイムについては、当社としても相当な期待をしていた。運営として、抽選をして走り込みを避けるなどの施策。お城の前の混乱はこれで防げた。その周辺については、ワールドバザール前、パートナーズ像前が混乱したのは事実。キャストも増員したが、読み切れない部分があった。至らなかった点として反省している。
いま、改善案をいくつか実行している。例えば2回公演を混雑緩和の狙いで行っている。やはりそれだけでは足りないので、スロークローズを実施した。ゆっくりと帰れる状況を作っている。
Webサイト、モバイルなどの媒体で現況をお知らせすることもやっている。
調べていたら、告知の仕方に誤解があり、期間限定のショーではないかというSNS書き込み。初日に混雑した要因の1つだと考えている。これはレギュラーショーである強くメッセージを出す。
滞留ユーザーの数を制限し、初日のような状況はなくなった。安全を最優先にしたやり方を考える。ご理解ください。

2014/06/27 11:22:30

(以下、決議事項についての質問に限定)
(あといまSNSの弊害についてコメントしたような気がする…)

2014/06/27 11:23:22

質問13:
配当利益が少ないのではないか。配当倍増計画が昔あったと思うが、実現されていない。

2014/06/27 11:26:27

回答13:
上程している60円ということでご理解いただきたい。

2014/06/27 11:27:59

質問14:
集客の呼び物として企画されているものとして、計画しているものがあれば開示できる範囲で教えてほしい。アナ雪のような社会現象となるようなIPも持っている。その点でなにかあるか?

2014/06/27 11:29:36

回答14:
取締役 田丸 泰氏
イベント担当。
今年度の集客の目玉と言うことですが、まずは5月の終わりからワンス・アポン・ア・タイムをスタートさせた。例年のごとくこれ以降も夏、秋、冬もスペシャルイベントを行う。9月にはジャングル・クルーズの大幅なリニューアル。夜でも楽しめるものに拡張。
今人気が出ているアナと雪の女王を活用しないのか、という点。今人気があるので早期にこれを題材にし、何ができるのかを検討。その検討結果、いつ導入するのかは決まり次第発表する。ご期待下さい。

2014/06/27 11:33:21

質問15:
以前からキャストの処遇について話をしたいと思っている。テーマパークにいくと、キャストがどのように働いているのかを見ている。自分も接客業なので。
キャストは第3のテーマパークといってもいいのでは。
3万人いるキャスト。3分の1が入れ替わると本で読んだ。外部に流出することについてどう思ってるのかと聞いたら、「いい人材であるとお褒めをいただいている」と回答があった。でもそれはもったいないのではないか。長期的にはオリエンタルランドに課題となるのでは。
配当60円。低くてもいいのではないかと思っている。ただし条件としてキャストに還元するなら。キャストは労働争議をやっているのを初めて知った。夢を売る企業で労働争議?団体交渉してないというのではないか。キャストを大事にする施策をかんがえてほしい。

2014/06/27 11:38:36

回答15:
取締役 入江 教夫氏
キャスト採用、管理担当
まず、ハード面だけではダメで、キャストがいてパークははじめて生きる。それを考えながら運営。
アルバイト人材はパーク運営の根幹。育成してよりいいサービスをできるように、しっかり教育をしている。アルバイトには資格取得のバックアップや、キャリアの相談、自己啓発をしながら、より成長させるよう、会社としても協力している。キャストを大切に考えている。
キャストの待遇については、準社員制度を持っている。それぞれアルバイトはライフスタイルにあわせた雇用形態を取りながら、待遇改善をして行っている。具体的には昇給、賞与、優待、表彰などの仕組みを持って、楽しく働いてもらえるように。
キャストの内部登用制度も設けている。アルバイトからテーマパーク社員。管理監督者への登用もある。テーマパーク社員から社員へも。
賃金水準については、他社に負けないような賃金、時給を出している。時給だけではなく、福利厚生を含めて処遇をしている。1月にキャストのサンクスデー。社員がおもてなしをする企画も。さまざまな対応で、キャストが働ける環境を会社が支援していく。
キャストは大切だと心から感じている。
(ユニオンについては回答なし…)

2014/06/27 11:42:30

質問16:
はじめて総会に来た。衝撃的な垂れ幕に驚いた(注:ユニオン関連)。
キャストの待遇はオリエンタルランドに関連するのか。パークに関係するところで働く人はキャストとしてみている。そういう人たちに不満があると、アクリフーズの二の舞になるのではないか。
キャストが心から笑顔で対応してもらえるような環境を。
売上至上主義と言われているが、人間が一番大事。パークは誰のものか。みんながしあわせになるようなやり方を考えていただきたい。
関連:

2014/06/27 11:48:22

回答16:
不満を持っていること自体がよくない、オリエンタルランドがどう対応するのか、という質問と受け取った。
金木執行役員
人事本部担当
よりよいパークにしていくためには、事業に協力いただいている方たちを含めてキャストと見ている、その人たちのことも考えて欲しいということと認識。
キャストを含め、同じ思いを持った仲間であると思っていることが基本の考え方。
総会会場で活動している件について、事実を整理。
今日を含め、昨今主張しているなのはな組合というものがある。

契約満了を持って雇い止めになった、という事実に対し、偽装請負のようなかたちとなっている、オリエンタルランドが直接雇用すべきである、という指摘。
このような事実はない。委託管理をつうじて、業務を遂行しているので、偽装請負の事実はない。
キャストに対し、世間で言うブラック企業のような扱いを受けているのではないか、という点について。違反するような可能性のある環境の中で従業員を働かせているという定義だとすると、当社においてはそのような状況には断固としてない、とお約束できる。
入江氏からもあったが、キャストにたいし、さまざまな施策をもって、やりがいを持って働く、成長してもらえることを第一にしている。株主の皆様には安心してほしい。

2014/06/27 11:49:33

ここで質疑打ち切り、拍手で質疑終了したと採決。

2014/06/27 11:49:52

第1議案、第2議案ともに株主の拍手賛成多数で、原案通り承認、可決。
以上にて、閉会。

関連記事: