instagramもフォローしてね
dpost.jp、休暇中

2018年12月15日〜26日はdpost.jpの更新はありません。その間は、Instagramもしくは1tp.dpost.jpのみ更新します。ミートアップでお会いしましょう。

ライブ投稿はInstagramで!

「ウォルト・ディズニーの約束」MovieNEXで2014年8月6日リリース

今から考えると日本においては完全に「アナと雪の女王」に話題で食われてしまい、不遇な映画だったと思います。

ウォルト・ディズニーの約束 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2014-08-06)
売り上げランキング: 38

「メリー・ポピンズ」製作における、ウォルト・ディズニーとP.L.トラヴァースとの間の確執を描く作品「ウォルト・ディズニーの約束」(原題:Saving Mr. Banks)のDVD/Blu-rayリリースが発表されました。日本においてはMovieNEX版として発売されます(デジタルダウンロード単独版も同時リリース)。

この作品、ウォルト・ディズニーを描いたことでウォルトマニアが釣れたりもしたのですが、本質の部分はあくまでP.L.トラヴァースとその家族のストーリーです。その部分において、映画を見るものを急角度でえぐるような内容である可能性があり、万人には勧められないものの、救いのある非常にいいストーリーだと私は感じています。

これまでもこの映画については何本かインプレッション記事をあげながらも、そこではこのストーリーの本筋に触れていませんでした。このストーリーの本筋とは、変えられない過去をどう受け止め、許していくかということ。アナと雪の女王に比べて感想がほとんどネット上に出てこなかったのは、このストーリーを語ることは自分の過去を語ることに等しいからなのではないかと思いました。

人によっては目を覆いたくなる作品である可能性もあります。でも、いまのところ2014年に見た作品で一番輝いていると思っています。まだ見ていないというかたもぜひ、手にとっていただけると。

「ウォルト・ディズニーの約束」 MovieNEX予告編
Saving Mr Banks – "The Music"

関連記事: