3D&バーチャル リアリティ展で「ウォルト・ディズニー・イマジニアリングの技術と魔法」講演

これは必見だ!

2014年6月25日より東京ビックサイトにて開催の「3D&バーチャル リアリティ展」において、2014年6月25日14時より特別講演「ウォルト・ディズニー・イマジニアリングの技術と魔法~最新アトラクションにおけるVR・AR活用の最先端~」が行われます。今回講演を行うのは、ウォルト・ディズニー・イマジニアリング取締役 技術・構想デザイン担当マーク・ミネ氏。

最新アトラクションのデザイン・分析におけるVR活用や、魔法のような異次元体験型アトラクション制作のための投影型AR活用の取組みを基に、当社の技術革新の最先端を紹介する。カーズやインディー・ジョーンズなどの最新アトラクション事例も交え、ディズニーのアトラクション制作の裏側に迫る。

講演内容を見る限り、おそらくディズニー・イマジニアリングがもつ汎用シミュレータ「The Dish」あたりが取りあげられるのではないかと思います。下記動画の冒頭に出てくる方が今回講演するマーク・ミネ氏ですね。

What's "The Dish" at Walt Disney Imagineering?

3D&バーチャル リアリティ展では2013年にもディズニー関連の講演が行われており、その一部をMONOistに寄稿いたしました。このときにはディズニーリサーチのイワン・プピレフ氏が登壇し、大変貴重なお話を聞くことができました。

今回の講演も受講無料。大変貴重な機会なので、行ける人はぜひ。今年もMONOistにレポートを寄稿予定です。

タイトルとURLをコピーしました