ポッドキャスト、滞ってます

富士急ハイランドに「富士飛行社」2014年7月オープン(update)

うわ、これまさにSoarin’じゃないですか。

五感で世界遺産・富士山を体感!「富士飛行社」、富士急ハイランドに7月登場

五感で世界遺産・富士山を体感!「富士飛行社」、富士急ハイランドに7月登場

富士急ハイランドは2014年7月、新アトラクション「富士飛行社」をオープンします。世界遺産、富士山の上空を飛行する、フライトシミュレーションライドとのことで、座席を包み込むように半球体構造となった直径20mの巨大スクリーンに映写……。はい、これはおそらくディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーとEpcotに存在するアトラクション「Soarin’」とほぼ同じハードを使っていると考えられます(少なくともシートはほぼ同一の絵)。(→追記参照)

そもそも元になるソアリンのハードウェアは、以前ちょっとだけ話題にしたDynamic Attractions製。このベンダーはソアリン以外にも、「Test Track」「Radiator Springs Racers」「Big Thunder Mountain」「Space Mountain」そして「The Amazing Adventures of Spider-Man」やあの「Harry Potter and the Forbidden Journey」(これはおそらくKUKA Roboticsと共同)など、ここ最近の大規模アトラクション製作に関連する企業のものです。

Dynamic Attractions Flying Theatre

ハードウェア的には(一部はディズニー所有の技術/特許はあるでしょうが)外販可能な部分があるので、このような展開は想定の範囲内といえなくはないです。上記の動画がソアリンそのものとは異なる部分、特に出発時にアームで上空に移動する部分などは、もしかしたらディズニーが持つ部分なのかもしれません。

今回の富士急ハイランドのベンダーがDynamic Attractionsなのかどうかまでは発表されていませんが、おそらくこのレベルのマシンを作れる企業はそうないはず。となると東京でのソアリン導入はなさそーだなー。

追記:

わ、超興味深い情報をWORLDWIDE DISNEYが上げております。

これを見ると、上記の動画にあるような床が垂直になるタイプはDynamic Attractionsが特許を持っていて、Soarin’のようなアームで上げる部分はDisneyが特許を持っているようです。どういう実現方法なのかすごく気になりますね。

追記:2014年7月11日

conфetti(コンフェティ)さんのところでプレスプレビューの様子が掲載されています。超気になるのは「世界で4台目」「国内初導入のライドは台湾製」ということで、これはつまりDynamic Attractionsが無関係…?どちらにしても気になるライドです。インタビュー掲載が楽しみ。

追記:2014年7月23日

コンフェティさんが渾身のインタビューを掲載しています。全ての疑問が氷解するので必読。しかし「アトラクションの製造はDynamic Attractionsでしょうか?」で通じるのがすごい。聞く方もすごいwwww

タイトルとURLをコピーしました