2014年5月28日「Seven Dwarfs Mine Train」が新ファンタジーランドにてオープン

長らく続いた新ファンタジーランド拡張計画、最後のアトラクションが5月28日にオープンします。

ウォルト・ディズニー・ワールドは5月2日、メディアイベントにて新アトラクション「Seven Dwarfs Mine Train」のオープン日を正式に発表しました。セレモニーにはパーク&リゾートチェアマンのトム・スタッグスも登場し、新ファンタジーランドの完成を発表しました。

新ファンタジーランドは第1回のD23 Expo 2009にて発表されたもので、マジック・キングダムのファンタジーランド、およびミッキーのトゥーンタウン・フェアを再構築し、新たなアトラクションやレストランをいれ大々的に拡張した事例です。オープンは2012年12月6日で、最後に残されたアトラクションがこの「Seven Dwarfs Mine Train」でした。

Seven Dwarfs Mine Trainはその名のとおり、白雪姫に登場する7人のこびとがモチーフになったライドアトラクション。ローラーコースターなのですが、トロッコが振り子状に動くため、高低差はさほどではないものの、かなりのスリルを味わえるようです。下記は2012年に発表されたCG動画。トム・スタッグスが紹介しています。

Seven Dwarfs Mine Train coaster virtual POV ride for Walt Disney World

オープン前ですが、既にライドスルー動画を公式がアップしています。

私はまだ見ていないのですが、どうやらこれは完全なるフルライドスルーではなく、ラストシーンを見せていないそうです。既に多くのブロガーがプレスプレビューにて試乗した感想を見ると、どうやらそこにスゴイものを用意しているようですね。一様に「すばらしい」という感想が見られました。

おそらくそのネタバレと思われる画像を見てしまったのですが、これはなかなか素晴らしい、心憎い仕掛けが行われていたようです。

ちなみにこのアトラクションに関連する情報。新ファンタジーランドを製作するにあたり、やはりここでもスクラップ&ビルドが行われました。なくなってしまったアトラクションの1つに「Snow White’s Scary Adventures」(2012年5月31日クローズ)がありました。東京にも存在するアトラクションですが、今回の新アトラクション製作にあたりプロップが一部移設されています。

オープンは5月28日ということで、dpost.jpでは運よく当日の夜からウォルト・ディズニー・ワールドに滞在する予定。すごく楽しみです。