メディア・ネットワークス部門のアン・スウィーニー氏が2014年末に退任(update)

なんと!驚き。

The Hollywood Reporterの特報。ディズニーのメディアネットワーク部門を統括するco-CharmanでABCの社長、アン・スウィーニー氏が2014年末を持って退任することを発表しました。その後はテレビのディレクターとしてのスキルを磨くとのこと。

WSJでは「これにより、同社のロバート・アイガー最高経営責任者(CEO)の後継者争いの行方が一段とはっきりする」と述べています。いまのところ後継者は元パーク&リゾートで現CFOのジェイ・ラスロ氏と、元CFOで現パーク&リゾートのトム・スタッグス氏と言われています。WSJによるとその候補の中にはアン・スウィーニー氏の名前もあったようですが、本人はCEO就任を望んでいなかったとのこと。

アン・スウィーニー氏といえば、先の放送された「カンブリア宮殿」ディズニー特集でもインタビューで登場し、実にディズニーのトップらしい発言をしていたことを思い出します。しかも今回の辞任理由が(表向きは)現場に戻る、現場を重視するというのがとても素晴らしいです。

追記:2014年3月25日

後任が決定しました。

LINK:ディズニー、ABCテレビ部門トップにABCニュース社長昇格 – WSJ.com
米ウォルト・ディズニーは、ABCニュースの社長を務めるベン・シャーウッド氏が来年からABCテレビ部門のトップに就任することを明らかにした。ディズニー・メディア・ネットワークス部門の共同会長でディズニーABCテレビジョン・グループの社長、アン・スウィーニー氏が辞任することを受けたもの。