instagramもフォローしてね
dpost.jp、休暇中

2018年12月15日〜26日はdpost.jpの更新はありません。その間は、Instagramもしくは1tp.dpost.jpのみ更新します。ミートアップでお会いしましょう。

ライブ投稿はInstagramで!

「アナと雪の女王」アナは神田沙也加、オラフはピエール瀧が担当

これは吹き替え見るわ

先日エルサ役に松たか子さんが起用されることが発表された吹き替え版「アナと雪の女王」、主役の一人アナの声と歌を神田沙也加さんが、そしてコメディリリーフの雪だるま、オラフを何と電気グルーヴのピエール瀧さんが担当するという発表がありました。それぞれ持ち歌も担当するとのこと。

ピエール瀧さんのコメントとして、こんなひと言が。

出演について聞いた瀧さんは、「ディズニーさんの気が変わらないうちに早く、『やろう!』と返事をしようと思った」と思ったそう で、「早く録ってしまおう!」という気持ちですね(笑)」と決定時の喜びを語る。

神田沙也加さんももともとレ・ミゼラブルなどのミュージカル経験がある上に、どうやら声優のトレーニングを受けていたことがあるという話で、これはかなり強力な布陣となったのではないかと思います。

ピエール瀧といえば電気グルーヴにおいて「瀧」を担当しており、ライブではケンタウロスや富士山の格好で登場し、盛り上げています(歌わない)。先日開催された電気グルーヴの「ツアーパンダ」では2曲目でステージから転落し死亡したことで有名です(参考:ピエール瀧 電気グルーヴ ライブ嘘ツイート[瀧死亡]拡散の舞台裏を語る)。最近では「あまちゃん」にも登場し、トイレから出て手を洗わないのに寿司屋をやる(石野卓球談)というダークファンタジーを華麗に演じました。(参考:石野卓球 あまちゃんピエール瀧の寿司屋大将 梅頭役に物申す

そして劇中、オラフも1曲持ち歌があり、それをピエール瀧が歌うという一点でもう吹き替え版マストな気がしています(個人的に)。ものすごい決定したなー。すばらしい。