ディズニー・アニマルキングダムのアバターエリア、とうとう着工 オープンは2017年?

セレモニーにはトム・スタッグス、メグ・クロフトン、ブルース・ヴォーン、そしてジョー・ロードが参加したようです。


.

ディズニー・アニマルキングダムにて計画されている、アバターをテーマにしたエリア(名称未定)の起工式がウォルト・ディズニー・ワールドで行われました。セレモニーにはパンドラサイズのシャベルが。

Orlando Sentinelの記事はこちら。オープン予定は2017年って書いてますね……。

LINK:Disney World breaks ground on Avatar land – Orlando Sentinel Staggs noted that additions will be made beyond Pandora, including a nighttime version of Kilimanjaro Safaris.
“This will be a true full-day park,” Staggs says.


このアバターエリアの話ですが、基本的にファンからはおおむね不評でいったいどうなってるんだというのが2011年の発表時から言われていました。続編が予定されてはいるものの、このタイミングでアバター?というのは確かにニンともカンともなのですが、上記の動画でもトム・スタッグスが語っているように、このエリアは夜のイメージも多数発表されており、生きた動物を扱う関係で夕方までしかオープンできなかったアニマルキングダムを丸1日遊べる場所にする、というのはリゾート全体のキャパシティを上げるという意味ではとても重要。そしてこのタイミングでどんなテクノロジーを使い、魔法を現実のものにするかというところはとても期待しています。

このエリアの拡張に合わせ、キリマンジャロ・サファリのナイトタイムバージョンも予定されています(動物どうするんだろう…)。まだまだ先の話ですが、上海ディズニーランドの次の大きな一手として注目です。

関連記事: