「アナと雪の女王」エルサ役吹き替えは松たか子

わ、これは雰囲気あってる予感がする。

日本では2014年3月14日公開の「アナと雪の女王」(原題:Frozen)の吹き替え情報がとうとう出てきました。まずは姉、エルサ役に松たか子が抜擢。Let It Goなどの歌も本人が歌うとのこと。

松たか子はドラマや舞台でも活躍しており、ラ・マンチャの男やミス・サイゴンなどミュージカルにも出演しております。原作ではイディナ・メンゼルが力強い歌声を披露しており、上記記事内でも触れられていますが「ちょっと嫌な予感がして(笑)」という反応をしているというのはむしろ分かってる感があってあんしんできます。

そういえば日本語版Wikipediaのアナと雪の女王。情報が過剰な上に誰かが執拗に吹き替え声優陣をアップデートしており、情報源としては非常に弱いです(エルサ役も間違っていた)。他の声優陣も記載がある状況ですが信じない方がいいですね。あと「予告版の吹き替え声優が本編と違う」のはディズニーに限らずよくあることですので議論するまでもないんじゃないかなあ、と個人的には思います(あと音楽。一時期なぜかダイナソーの「卵の旅」が映画予告で多用されていました)。