東京ディズニーランド、スティッチを題材とした新アトラクションを2015年夏にオープン

これに伴い、「キャプテンEO」は2014年6月30日にクローズとなります。

新たなアトラクションの発表です。東京ディズニーランド、トゥモローランドの現キャプテンEOの場所に、2015年夏に新規アトラクションが登場します。名前はまだ発表となっていませんが、「リロ&スティッチ」を題材としたものとなっています。

ディズニー映画「リロ&スティッチ」を題材とした新規アトラクション (c)Disney

ディズニー映画「リロ&スティッチ」を題材とした新規アトラクション (c)Disney

プレスリリースにおいては、下記の説明があります。

アトラクションの主役は、スティッチとゲストです。ゲストは、シアター内の大きなスクリーンを 通じて、スティッチとのリアルタイムな“交信”を体験していただけます。

この内容を見ておわかりのように、これは香港ディズニーランドの「Stitch Encounter」そのもので、要するに「タートル・トークのスティッチ版」です。今回発表になったアートワークも、香港ディズニーランドのものとほぼ同一ですね。

投資総額は約20億円。これはいろいろと妄想が広がりますね。以前より少数のゲストを対象にテスト運用をおこなっていたとかいないとかいう話を聞いていたので、いつでも発表ができる状況だったのではないかと思います。個人的には下記に書いた妄想の裏付け(イマジニアが上海に集中していることで、OLCは米ディズニーから大規模エンターテイメントが取得できず、小さめの改修でしのいでいる)がさらに補強されちゃったのかなー、とか思ってます。