instagramもフォローしてね
dpost.jp、休暇中

2018年12月15日〜26日はdpost.jpの更新はありません。その間は、Instagramもしくは1tp.dpost.jpのみ更新します。ミートアップでお会いしましょう。

ライブ投稿はInstagramで!

米ディズニーランド、イッツ・ア・スモールワールドで3Dプロジェクションマッピングによる時報がスタート(update)

ハードウェアがすでにあるので、ソフトウェアはすぐにでも変更し実行できるという好例。

米ディズニーランドのイッツ・ア・スモールワールドにおいて、ホリデーシーズンの特別装飾が発表されました。15分ごとに行われる時報が、11月12日からの夜間はなんと3Dプロジェクションマッピングで行われます。

"it's a small world" Holiday Clock Show | Disneyland Resort

そのようすが早速公式サイトで動画公開されているのですが、これはまたすばらしい効果ですね。

過去ディズニーランドのイッツ・ア・スモールワールドにおいては、初代3Dプロジェクションマッピングショー「The Magic, The Memories and You!」がフロリダ、マジックキングダムのシンデレラ城とともに開催されておりました。その後フロリダでは「Celebrate the Magic」をはじめ、キャッスルショー「Villains Mix and Mingle」でも効果的に活用されていたところ。

"The Magic, the Memories, and You" premiere on Disneyland's "it's a small world" (1080p HD)

その後設備は使われていなかったようなのですが、今回のようないい活用事例が出てきたのはうれしいこと。東京においてもキャッスルプロジェクション「ワンス・アポン・ア・タイム」が5月29日よりスタートするのですが、個人的にはそれ以外での活用事例が大変気になります。今回のイッツ・ア・スモールワールドのように、クリスマスには絶大な効果がありますよね。そして東京ディズニーシー側にはなにかないのかなあ、とぼんやり思ってます。

関連記事:

追記:2013年12月12日

メイキングの動画が公開されましたので追記します。

Making of: "it's a small world" Holiday Clock Show | Disneyland Resort