アバターテーマエリア、D23 Expo Japanで詳細が初公開

まさかここで初公開情報がここまででてくるとは思いませんでした。

本日よりスタートのD23 Expo Japan、トム・スタッグスによるディズニーパークス&リゾートのプレゼンテーションにて、ディズニー・アニマルキングダムに建設予定の「アバター」をテーマにしたエリアの新情報が発表されました。

プレゼンテーションで上映された映像では、上記アートワークのみならず、アバターを作り出したジェームズ・キャメロンと、ディズニーの代表的なイマジニア、ジョー・ロードが登場。現在制作中のアトラクションの映像やアートを公開しました。

その中には、アバターの世界、パンドラの上空をフライスルーするものだけでなく、ボートに乗って進むタイプのものもあり、キーアトラクションは少なくとも2つはあるようです。

また、アートとしては夜の光り輝くものも印象的な表現で、ジョー・ロードはここで「真実の美を体験できる」と述べました。

それ以外にも、ディスカバリーアイランドのパフォーマンスやキリマンジャロ・サファリのナイトタイムバージョンなど、ディズニー・アニマルキングダムにおける夜間プログラムの拡充も合わせて発表されています。

Preview Pandora – The World of Avatar | Disney's Animal Kingdom

これはヒントが大量な情報。まず、アバターとボートについては以前より特許文書が関連してると言われ、青写真にもボートライドらしきものがありましたがこれが裏付けられたと感じました。

上記のwdwmagic投稿が2013年2月に行われていますが、この青写真にもボートライド、そして映像シアターがありました。本物のリークっぽいなー。

そして今回のアートワーク。夜間のきらめきを表現したものがありますが、おそらくこれはディズニー・アニマルキングダムの営業時間の延長を狙っているのではないかと思いました。朝と昼は動物たちを、夜はこのエリアを中心にした営業を行うことで、ウォルト・ディズニー・ワールドのキャパシティを広げるのでは、ということが考えられます、ってかいたら公式ブログにもそんなことが発表されてました。やはり。

ということで夢が広がる発表でした。楽しみ!