マーベルが幻のアトラクションを舞台にしたコミック「Disney Kingdoms」をスタート 第1弾は「Seekers of the Weird」

マーベルとディズニーパークスによるプロジェクトの続報です。

Inside the MagicやHollywood Reporterによると、New York Comic Conで10月12日に正式発表されるであろうプロジェクトが、ディズニーパークスが未完成のまま消えていったアトラクションを舞台としたシリーズ「Disney Kingdoms」であると伝えています(Hollywood ReporterのソースがInside the Magicという…)。

2014年1月に発行される予定の第1弾のコミックは「Seekers of the Weird」で、これは未完成のまま終わったアトラクションのプロジェクト「Museum of the Weird」を舞台にしたもの。これはイマジニアでディズニー・レジェンドのローリー・クランプ(Rolly Crump)によるプロジェクトでした。ローリー・クランプはウォルトとともに、魅惑のチキルームやイッツ・ア・スモールワールド、そしてホーンテッド・マンションを手掛けた方です。「Museum of the Weird」はホーンテッドマンションの前身となる、ウォークスルータイプのアトラクションでした。

Walt Disney's Enchanted Tiki Room – 50th Anniversary | Disney Parks

「Disney Kingdoms: Seekers of the Weird」は5分冊となる予定で、今後もこのような未完成アトラクションをベースとしたシリーズが続いていくようです。


D23 Expo 2013でも予告されていたプロジェクトで、現地では1枚のポスターとアプリへのリンクのみが提示されていました。ARを活用したアプリをのぞくと、「2013年9月に発表」という予告が出ていて気になっていたのですが、これはまたすごい試みですね。

インフォメーションブースでマーベルの新要素につながるパンフを配布中。アプリを通してこれをみると動画が見られるらしい。
インフォメーションブースでマーベルの新要素につながるパンフを配布中。アプリを通してこれをみると動画が見られるらしい。 Photo by mtakeshidpostjp

おおー
おおー Photo by mtakeshidpostjp

そしてもととなる「Museum of the Weird」という構想。いわれてみれば確かにディズニーランドのツアー「Walk in Walt’s Disneyland Footsteps」でホーンテッドマンションを紹介していたときにも説明してた!といま思い出しました。こうやって幻のアトラクションプロジェクトにまた脚光をあびさせ、新たな命を吹き込む、それもコミックスの雄、マーベルによって……というのはすばらしい試みだと思います。どこからこういう発想が出てくるんだ!!

さらに、こんな解説も。この記事読むよりこっちの方が詳しいです。

続報が楽しみなニュースでした。マーベル×ディズニーの可能性がまた1つ、驚きを持って登場したなあと。マーベルは電子コミックに積極的なので、日本でも読めるといいなあ!

関連記事: