壁一面がディズニーキャラ UR都市機構が「ディズニーラッピングルーム」入居者募集中

ボクたちの望む部屋はコレジャナイ!

東京駅の京葉線へ続く連絡路の広告が東京ディズニーリゾートのものでなくなって久しくたちますが、いま掲示されているURの広告が異彩を放っていました。現在、浦安地域と幕張地域で「ディズニーラッピングルーム」を各3戸つくり、募集を行っているようです。

その部屋というのが、なんでしょう、想像通りなんだけどこれはいらない!という感じがしてなりません。

立地自体は舞浜駅徒歩15分ということで、自転車を使えばパークまで通える便利な位置なのですが、そういう方はどちらかというと収納スペースとか展示方法だとかに気をつかうと思いますので、この壁紙一面ディズニーキャラという部屋はいったいどんなターゲットなのだろうかと思う次第。それよりは備え付けのラックとか、きっちりバイナルメーションの高さに併せた棚だとか、壁一面にぬいぐるみバッジを付けられるとかのほうがいいような気がしましたが、それはそれでターゲットが狭すぎるので難しいですよね。うん。

オープンルームは10月19日から土日に閲覧可能。11月7日に抽選で入居者が決まります。場所的には浦安いいんですけどねえ。