instagramもフォローしてね
dpost.jp、休暇中

2018年12月15日〜26日はdpost.jpの更新はありません。その間は、Instagramもしくは1tp.dpost.jpのみ更新します。ミートアップでお会いしましょう。

ライブ投稿はInstagramで!

ハリー・ポッターのスピンオフ「Fantastic Beasts and Where to Find Them」映画化決定→ジュラシック・パークを含めユニバーサルのテーマパークが盛り上がる?

2001年に出版された原著の邦題は「幻の動物とその生息地」。ホグワーツ魔法学校の教科書として登場します。

ワーナーが新作映画の発表を行いました。その作品はハリー・ポッター世界のスピンオフで、教科書として登場する「Fantastic Beasts and Where to Find Them」を、原作者のJ.K.ローリングの脚本で映画化するとのことです。内容としてはハリー・ポッターのお話とは時間軸が異なるため、前日譚でも続編でもなく、共通の世界観のお話、というもののようです。

早速Orlando Attractions Magazineは、この映画化がどのようにユニバーサル・スタジオのテーマパークに影響が出るかを記事化しています。

幻の動物とその生息地 (ホグワーツ校指定教科書 (1))
J.K. ローリング
静山社
売り上げランキング: 1,311

また関連情報として、ジュラシック・パークシリーズの続編「Jurassic World」の製作も発表されました。こちらはユニバーサルより2015年6月12日公開予定。

さらに、ジュラシック・パーク関連として、ユニバーサル・オーランドにとうとう新アトラクションが製作される、という噂もあがっています。こちらも2015年をめどに、ジープで移動するタイプのライドアトラクションと、ロラックス(ロラックスおじさんの秘密の種)のアトラクションが製作されるというもの。Disney and Moreをどうぞ。


上記Disney and Moreはちょっと前に公開された記事で取りあげ切れていないものだったのですが、これにさらにハリー・ポッターのスピンオフ映画がくるとなると、本当にオーランドのテーマパーク事情が変わるという印象。いまだ発表されないディズニー・ハリウッドスタジオ30周年の拡張のうわさや、アニマル・キングダムのアバターエリア詳細など隠し球はあるとはいえ、対抗策が若干弱く見えてしまうなあ、という印象です。これをひっくり返すニュースを期待しましょう。