アニー・リーボヴィッツ「Disney Dream Portrait」最新作はジェニファー・ハドソン!

毎回クオリティが高いです。

写真家アニー・リーボヴィッツがディズニーのキャラクターたちに扮したセレブリティを撮る「Disney Dream Portrait」シリーズ最新作が公開されました。今回はジェニファー・ハドソンがティアナに!

ジェニファー・ハドソンといえばアメリカン・アイドル出演、映画「ドリームガールズ」や「セックス・アンド・ザ・シティ」で有名ですが、実はそのキャリアの初期にディズニー・クルーズライン内で行われるショーのシンガーとして登場していました。そのつながりで、ディズニー・ドリーム号の命名式においてThe Golden Mickeysのテーマ曲「Who knows where a Dream might lead」を歌い、同船の名付け親(ゴッドマザー)となっています。

Disney Dream Christening Ceremony

過去の作品の一部はこちらで見ることができます。