ボブ・アイガーCEO、2015年以降もCEOに?

Varietyが、ディズニー社CEOボブ・アイガーが2年前にコメントした「2015年3月末を持って退任、後継者選びに入る」という話について、さまざまな現状を考えると難しいのでは、という記事を公開しています。

その「難しい現状」とは主に上海ディズニーランド。これだけではなく、ジェームズ・キャメロン監督のアバターをテーマにしたディズニー・アニマル・キングダムの拡張、ルーカスのコンテンツ買収のその後。これらがうまく行ってからでないと退任できないのでは、という記事です。そもそもCEO契約自体は更新が行われており、2016年6月30日までの任期があります。

なお、この記事では後継者としてパークス&リゾーツ部門のトップであるトム・スタッグスの名前が挙がっています。対抗馬だった現CFOのジェイ・ラズロは若干後退か?(余談ですが、トム・スタッグスは12年間ディズニー社のCFOを務めていました)。