「砂漠は生きている」などの編集を手掛けたノーマン・パルマー氏が逝去

「砂漠は生きている」などの実写ドキュメンタリーや、「ディズニーランド」「Wonderful world of color」などTVシリーズの編集を担当した、ノーマン・パルマー氏が2013年3月23日に逝去されました。94歳。

長らくディズニー作品の編集を担当されていた方で、1983年にリタイア。僕はむく犬の続編なども担当されていたようです。フィルモグラフィーはこちらです。

この記事を書いた人

IT系メディアの編集者を経て、現在は独立しエンタープライズ系ITのライターとして活動する傍ら、広義の“ディズニー”を追いかけるディズニージャーナリストとして、個人でできる範囲の活動を行う

@mtakeshiをフォローする
ディズニー(2013年以前の記事)
シェアする
@mtakeshiをフォローする
dpost.jp
タイトルとURLをコピーしました