instagramもフォローしてね
dpost.jp、休暇中

2018年12月15日〜26日はdpost.jpの更新はありません。その間は、Instagramもしくは1tp.dpost.jpのみ更新します。ミートアップでお会いしましょう。

ライブ投稿はInstagramで!

オーランドへ行くのに飛行機やホテルはどう選ぶべき?2013春

こういう風にネタふりしてくれると、書く方はとても楽・・・!ありがたいです。

飛行機は?

さて、今回のオーランド旅行+おまけのアナハイムですが、前回と同じくデルタ航空で行くことになりました。チケットはデルタのサイトから直接購入しています。ちなみに前回はエクスペディア経由でした。値段は変わりませんが、エクスペディア経由の方がサポート日本語でやってくれるんでこっちの方がいいかも(前回エクスペディア経由の時は便が3回くらい変更されたんだよね…)。

行き:羽田→LAX DL0636便
   深夜0時30分発→前日17時45分着
   LAX→オーランド DL0883便
   22時30分発→翌日6時10分着

帰り:オーランド→LAX DL1060便
   7時15分発→9時49分着
(翌日)
   LAX→羽田 DL0637便
   18時15分発→翌日23時着

このデルタ便でのオーランド入りの特徴は、羽田発であることと深夜発であることとオーランド早朝着ということ。通常、お安めのツアー旅程ですと、成田を16時くらいに出発し、乗り継ぎして現地が深夜着、よくて夜着となるため、最初の日はまるまるつぶれてしまいます。お仕事をしている人にとっては、お休み初日の夕方出発になるので、ちょっともったいないですね。

その点、羽田発は深夜なので、(やろうとすれば)1日お仕事をしたあとそのまま出発することができるのが大きな利点です。羽田ですし近い。そして、トランジットにちょっとあいだが空くものの、オーランド着が早朝でその日丸1日楽しめる、ということが大きなポイント。

もちろん…これ、超が付くほどツライ日程です。夕方成田発ですと時差ぼけを利用して初日(厳密には2日目)朝からフルスピードで行動ができます。が、デルタの羽田発ですと、1日がすごく長いのでキツイことこの上なし。なので、初めてのオーランド(初日からフルスロットル開けっ放しになる方)にはあまりおすすめできないプランです。飛行機で寝られるひとならいいんですけれど。

次点としては、ANAやJAL(だっけかな)の、成田をお昼ころに出て、現地に15時ころ付くというルートがあったはずです。が、ツアーでこれを選択するにはけっこうな料金がかかる記憶が。トータルでいうとデルタの旅程が一番便利でリーズナブルでした。マイルは死蔵してますけれど。

ホテルは?

今回、ちょっと奮発してオールスター以外のホテルを取りました!(苦笑)

選んだのはポートオーリンズリゾートのリバーサイド。Royal Guest Roomsを選んでみました。今回はゆったりできるといいなあ。

ホテルの選び方ですが、個人的には「オフィシャルホテルであればどれでもよし。逆にオフィシャルホテル以外はやめた方がいい」と思っています。これは交通機関の便利さもありますが、今後MyMagic+のファストパス事前確保が浸透したときには大きな差となるからです。

ちなみに今回、ホテルも直接disneyworld.comで予約を取ったのですが、折しもMyMagic+でサイト大改造中ということもあり、大変な苦労を強いられることに…。面倒な人、自信のない人はツアーで申し込んだ方がいいですよ。ホントに。

余談

今回なぜアナハイムが付いてるのかというと、理由はいくつかありまして…。まずは前回渡航時にPremier PassportというUSパーク2つの年間パスポートを購入したこと。もう1つは、ロサンゼルスのロナルド・レーガン図書館にて開催中のTreasures of the Walt Disney Archivesに行きたかったこと。ただしこれ、レンタカーがなければ絶望的だと言うことがのちに分かり、半日+半日のパーク往訪に切り替わりました。サンフランシスコ経由にしてWalt Disney Family Museumという手もあったのですが、結果的にFantasy Faireオープンに重なったのでラッキー、と。ともあれ素人にはお勧めできない旅程。

ということで、ネタ振りいただければ(興味のある項目は)記事として残せればと思います。ではでは。