プロデューサーがザンギエフ問題を語る。「シュガー・ラッシュ」をゲーム視点で見るGAME Watchのインタビューが面白い

LINK:【インタビュー】ゲームカルチャーに対するディズニーの本気映画「シュガー・ラッシュ」 – GAME Watch

来日中のクラーク・スペンサー氏のインタビューが掲載されています。「ザンギエフは悪役なのか」に対するプロデューサーの回答があり面白いです。

もう1つは、ザンギエフは悪役ではないかもしれませんが、悪い行動はするという理由からです。ある意味で彼もラルフと同じで、自分は誰なのか、いい奴なのか、悪い奴なのかとアイデンティティについて悩んでいます。あの集会のシーンでラルフに向かって「君は悪役かもしれないけど、悪い奴じゃないでしょ?」と言うのは、彼がうってつけだと思ったからです。

 ザンギエフが悪役かどうかについてはアメリカのインターネットでも話題になって、ザンギエフは悪い奴かどうか、賛成派と否定派に別れて議論が沸騰したんです(笑)。そういった意味でも、面白い話題を提供できたと思います。

関連記事:
LINK:シュガー・ラッシュ試写会/監督とプロデューサーによるティーチインが開催されました | dpost.jp