そろそろ「アメリカ河をつぶしてカーズランドが日本上陸?」にひとこと言っとくか

面白いな!

LINK:MiceChat – Al Lutz Update, Cars Land in Tokyo, DCA numbers beat WDW

MiceChatの著名コラムニスト、AL Lutzのコラムがなかなか面白いです。ひとことで言うと「東京ディズニーランドでキャパシティ的に問題のあるアメリカ河をカーズランドに置き換えるとさらに入園者をキープできる」というものです。個人的な感想を言うと「面白いけど非現実的すぎるだろ」という内容なのですが、その裏にはもうちょっと複雑なお話がありそうです。

一部早耳ファンの間ではこの記事の「カーズランドの日本上陸」だけが取りざたされていますが、その前段がはるかに面白いです。ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーに作られたカーズランドですが、以前より同様にフロリダ、ディズニー・ハリウッド・スタジオへの新設も噂として取りあげられていました。スタジオ・バックロット・ツアーを廃止し、そのエリアをカーズランド化する(に加えてハリウッド・ブルバードをブエナ・ビスタ・ストリート化するなど)というものです。

LINK:WDW – Hollywood Studios

で、どうやらこのフロリダ版カーズランドの話が難航しているようなのですね。フロリダのパーク責任者はカーズランドの規模縮小版を望んでいるようですが、このあたりでイマジニアやジョン・ラセターを衝突しているとAl Lutzは書いています。以前フロリダのパーク責任者は、ホーンテッド・マンション・ホリデーは導入しない、と言っており、2つのパークはけっこう独自な裁量権を持っているのだと感じましたが、それを裏付けるような内容ですね。

LINK:“ホーンテッドマンション・ホリデー?あんなのダメ、イラネ。ウチではやらねえ” | dpost.jp

つまり、フロリダへの導入の話が動いているなかでの「東京版カーズランド」なのです。これはちょっと、当て馬的な何かを感じますね。上海ディズニーランドの話が出始めたころの韓国ディズニーランドとかと同じ何かを。個人的には立体駐車場化することでトゥモローランド側にはある程度の敷地確保が容易だと思っています。少なくとも既存エリアを完全クローズするよりコスト的にも基幹的にも有利(となると妄想されるのはテストトラックなんだけど、アレは意外にでかいので入りきらないと思ってます。そうなると上海にできると言われるトロンコースターとか…?)。古くなったトゥモローランドのテーマを切り替えるのが先だし、東京の場合はアトラクションじゃなくて「スペシャルイベント」で人が呼べるわけですから、そこまでの冒険をするかというと微妙。

また、実現のためには超大規模投資になるのでまずは株主総会でそれっぽい10カ年計画的なものに盛り込まれるのが先だろうと思います。そんなわけで今回のAl Lutzコラムは「超面白いけどね」という感想。エリアに収容できる人数を考えてリプレースする、という視点は確かに重要かも。

追記:

関連エントリを書きました。

LINK:「The Legend of Captain Jack Sparrow」に見る新世代アトラクションの方向性 | dpost.jp