舞台版リトルマーメイドでは、アースラとトリトンは「姉弟」

いろいろ変わってます。
LINK:劇団四季とディズニーの新次元ミュージカル、誕生。創立60周年記念公演 ミュージカル『リトルマーメイド』2013年4月7日(日) 四季劇場[夏]にて開幕!

まずですが、劇団四季のリトルマーメイド紹介サイト、スマートフォン版がすごく良くできてる上に、情報量が多いのでぜひ見てください。

そこで気になったのがこれ。

「実はアースラは、海の王トリトンの姉であった」……。あれ、こんな設定あったっけ?

調べて見たところ、2006年に発売されたリトル・マーメイド プラチナ・エディション発売時になんらかのコメントがあったようですが、これは映画版コンセプト作成時に存在した設定で、その後使われなくなったもののようです。これを2008年に舞台化したときにストーリーの中に組み込んだようです。

ざっとDVDのコメンタリー、トリトンとアースラ登場シーンだけ見直しましたが、該当発言を探せませんでした。ご存じの方いましたら教えてくださいませ。←追記参照

追記

ありがとうございます。確かに映像特典の未公開シーン「海の底で」(Fathomos Below)の未公開カットについて監督のロン・クレメンツが、カット前にはアースラがトリトン王の姉妹であることが語られていたが、早く本筋にはいるためにカットされた、と語っていました。

カットされたシーンでは、エリック王子の船の上で人魚の世界がある、と語られる一節に、たしかにアースラに対する言及がありました。いやー、これ知らなかった!

そしてラ・アルプを。


 
20121102-191941.jpg

あとわりとどうでもいい感じで実は重要なポイントなのですが、劇団四季版は中黒なしの「リトルマーメイド」と表記するようになっているようです。このへん、ウィキッド(四季)/ウィケッド(USJ)と同じようなニオイを感じます。ちょっと気をつけようっと。
 
関連記事:

LINK:劇団四季×ディズニー「リトルマーメイド」2013年4月7日開幕! | dpost.jp