Prep & Landingを見たぜ!

どうしてあんなことができるのかって不思議に思ったことはないかい——サンタが、あれだけ多くの家に、たった1夜でプレゼントを届けることを。
実は、彼には仲間がいるのさ。
このオペレーションはチャレンジング、そのためには、準備がいる。
オレたちのミッションステートメントは「中に入り、外に出る。絶対に誰にも見られないように——」。
オレはプレップ・アンド・ランディング(準備・着陸)のメンバー。エリート級のエルフが世界中の家に派遣される。“ビッグ・ガイ”の到着に備えて。

YouTube

 いやーーーーーやっと届きましたPrep & LandingのDVD!以前も取りあげましたが、これは2009年にABCで放映されたテレビ向けのCGアニメ作品で、作品的にはディズニースタジオ作ではあるものの、監修にジョン・ラセター、音楽はマイケル・ジアッキーノ(上記予告音楽すげえ!)とそうそうたる面々。そしてこれが大っ変すばらしいクリスマスストーリー。

 主役はウェイン(コールサイン;リトル・ドラマー・ボーイ)という自称エリートエルフ。毎年毎年クリスマスの夜に準備する係として働き、そろそろ昇進と思っているけどなかなか役職に就けず。今年は新人のラニーと組んで仕事に出かけるもふてくされたウェインは仕事をさぼってジンジャーブレッドを食べようとすると…ってなところから始まる、たった20分ちょっとの番組。しかしこれが大変な良作でした。

 なんといってもその世界観。364日間の準備をたった1日のために費やすエルフたちの働きが面白いです。せりふやコード名などはすべてクリスマスソングなどから取っており、司令官ともいうべきマギーの、アポロ13発射のような“ビッグ・ガイ”出発シーンはよかった。ラジャー、のかわりに「Dash Away」だとか、携帯の呼び出しがジングルベルだとか、トナカイたちの描写(もちろん赤鼻のトナカイ原曲の歌詞に合わせた名前)もホント細かい芸が効いている。30分番組という短い中にきっちりメッセージも含まれてるし、大人も子供もすんなり受け入れられる内容。いや、恐れ入った。

 惜しむらくは日本での展開。実はこれ2010年12月にディズニーチャンネルにて「ウェイン&ラニー クリスマスを守れ」という邦題でひっそりと放送済みであり、調べたところ2011年の放送はなさそう。このクオリティは地上派でも放送してておかしくないですし、なんといってもすでに本国のパーク展開(2011年World of Colorプレショーを担当。本編を見て初めてなぜプレショー担当なのか分かった)まで行われていて、日本は取り残されちゃった状態。東京ディズニーリゾートのクリスマスはキャラ不足状態で、今年はエルフが出てきましたけど絶対Prep & Landing組のほうがいろいろ展開できると思うのです。The Muppetsと同じ感じでもったいない。

 ということで、来年のクリスマスには2011年版新作『Naughty vs Nice」と一緒に展開してくれるといいなあ。すごい良作クリスマスストーリーなので。

 そのほかの記事はhttp://t.dpost.jp/tagged/disney、そしてFacebookページ版dpost.jpをどうぞ。ではまたね。