instagramもフォローしてね

Weekly Recap 2011/2/6

遅くなりました。2011年1月31日から2月6日までのまとめです。

大宮佑奈さん本当におつかれさまでした。1月1日にたまたま東京ディズニーシーにいまして、就任の挨拶を聞いてなんといい声の方が!と思ったのが記憶に残っています。名前を覚えたアンバサダーの方は初めてかも。

ライブキャラクターの短編はファンにはたまらないようで、かなりの反響を観ることができました。よく考えるとライブキャラクターの短編は「ショー」そのものですからね。これもドナルドのボートビルダー的な。最近昔のパークショー音源をよく聞いてるんですが、ドナルドのワッキーキングダムは良かったですよねえ。最近ドナルドファンになった方は卒倒する内容だと思います。

オリエンタルランド社の決算が発表。今回もなかなかいい結果。株価もかなり上がって手を出しにくくなりました。興味のない方もオリエンタルランド社の動きを通じて企業活動を勉強してみるといいかもしれません。特に株に手を出すなら、皆さんならよくご存じのこの会社から入ることをお勧めします。もちろん、ひいき目なしで、という但し書き付きですが。

今週はいっぱい質問をいただきました。ここで余談としてあげた話ですが、ワールドバザールの入り口、たしかロイ・ディズニーの像がある近くに大店舗登録の銘版があるはずです。探してみるといいかも。

これはすごい。今週はギフトショーとワンダーフェスティバルがあったんですが、ワンフェスには多くのディズニー関連グッズが。ギフトショー側にもライブキャラクターの造形を模したグッズが出ていてすごい!と思ったのですが、「それもうパーク内で売ってましたよ…去年…」と上記の@iwmrさんに静かに突っ込まれました。知らなかった…。

えと、これRTでさまざまなところから「落とした指輪を拾って届けて『ここは夢の国ですから』」と出回っていたつぶやきの真実です。これはおそらく「パークに届けられたクレームも感謝状もすべて共有する」という文脈で語られたお話が元になっています。実際に常務取締役の北村和久氏講演でお話が出たということなので、実話だと思っています。

が、この話のキモは上記のように「絶対に恩着せがましく返事を出すな」というところ。シンプルに「届きました」という返事をだしたところ、その方は驚いて丁寧な感謝状を送るだけではなく、実際に作業された方にお礼が言いたい、とまでおっしゃったそうです。

つまり夢の国を演出しろ、ということではなく、「何もそこまでやらなくても…」レベルのことをしているキャストに対して「自分たちのやっていることは正しいんだ」と教えるためのものです。個人的にも、夢のような出来事よりも「夢のような出来事はなぜできたのか」という点に興味があります。ディズニーの教育は本当にすばらしいと思いますよ。

では、また来週!