instagramもフォローしてね
dpost.jp、休暇中

2018年12月15日〜26日はdpost.jpの更新はありません。その間は、Instagramもしくは1tp.dpost.jpのみ更新します。ミートアップでお会いしましょう。

ライブ投稿はInstagramで!

2011年のキャンペーンは“Let the Memories Begin”

9月23日、ディズニーのUSパークの新キャンペーンがニューヨークで発表されました。今回のキーメッセージは“Let the Memories Begin”。WDWおよびDLRのUSパークはこのキーワードにあふれるものになります。

ちょっとだけ発表会のUstreamを見ていたのですが、思い出はソーシャルメディアに投稿される、的な発言があったりと、facebookとかtwitterなどかなりネットへの展開を念頭に入れているような印象がありました(「Guest Generated Contents(GGC)」なんて表現してました)。マイケル・J・フォックスも登場したり大変豪華なものを見ました。

上記プレスリリースを見ていただくと分かるように、この発表においてパークの新規拡張、アトラクション追加などの発表はありませんでしたが、夜にはWDWのシンデレラ城、DLRのイッツ・ア・スモールワールドに、ゲストがパークで撮影した思い出の写真を1日500枚程度映し出すというようなショーも行われるようです。写真の投稿はキャンペーン公式ページのhttp://memories.disneyparks.disney.go.com/から行えるようになっています。

そして今回のテーマはこちらの映像を見ると分かりますね。たまらない。

また、発表会で本キャンペーンのテーマソング“Let the Memories Begin”も披露されました。作曲はChristopher McGovern、歌はMontego Gloverでした。

ちなみに過去のキーメッセージですが、2001年〜2002年は「100 years of magic」(ウォルト生誕100周年)、2005年は「Happiest Celebration on Earth」(DL50周年)、2006年末〜2008年は「Year of a Million Dreams」(Where Dreams Come True)、2009年〜2010年は「What Will You Celebrate?」でした。

関連記事:2009年スタートのディズニーテーマパークプログラムは「What Will You Celebrate?」 | dpost.jp