グーフィの新作短編「How to Hook Up Your Home Theater」を見た

存在自体を知らなかったのですが、iTunes Store(US)にグーフィの短編映画「How to Hook Up Your Home Theater」が追加されています。最初この絵を見たとき昔の作品だろうと思っていたのですが、これは2007年12月21日にナショナル・トレジャー2に併映されたれっきとした新作でした(日本でも上映してたの?)。監督はKevin Deters(チキン・リトル/ブラザー・ベア)とStevie Wermers(ティガー・ムービー)。製作にはMark HennとAndreas Dejaが携わっています。音楽はMichael Giacchino。

で、内容なのですがいわゆるグーフィの「How Toもの」のエッセンスが見事に現代風に再現されており、見ていてものすごく安心できるというものでした。要するにホームシアターを作るという話なのですが、ブリスターパックが開けにくいとか緩衝剤として入ってる発泡スチロールとかコネクタはケーブルがさしにくい場所にあるなどの「あるあるネタ」をきれいにまとめていて笑えます。言われなければ2007年製作とは思えません(まあハイデフィニションとかHDMIとかっていう単語が飛び交うのですが)。

そして小ネタの数が多すぎて困ります。BEST BUY風の店の中がまるでマジック・キングダムだったりテレビの型番表記がアレだったりウォルト御大とかジョン・ラセター(Exective Producerでクレジットされてます)とかクレオが出てきたりと、マニアにとってはニヤニヤがとまらない。自分の初登場の写真とかもあったなあ(その直後に捨てられるけど)。

まーしかしこのような短編を見せる取り組みが出てきて本当にうれしいところ。「魔法にかけられて」でも上映がありましたが、このような新作短編が見られるというのはディズニーファンに取ってこれほどの幸せはありません。日本のiTSではピクサーの短編すら新規追加が止まってしまっている状況ですので期待は出来ないですが、映画祭でも短編上映が行われているのでディズニー・ジャパンによるDVDリリースに期待しましょう。

関連する記事: 2008-07-05