「ルイスと未来泥棒」、3D上映館での同時上映は「リスのピーナッツ」

これは驚いた。今週末から日本でも上映される「ルイスと未来泥棒」では同時上映として「ミッキーの造船技師」が併映されることは既報でしたが、今日公式サイトを見てみたらこんな一行が。

ディズニー デジタル 3-DTM 版の同時上映は、チップ&デールが大活躍する「リスのピーナッツ」になります。

ぬわんと。原題「Working for Peanuts」は元々3D上映されていて、それが現代に復活とな。日本でのプロモーションが「ラセターがダメ出ししてよくなったよ!」一辺倒であることからもわかるように作品としてはどうもアレな感じでしたが、これは見に行かなくては、と思い始めた。ちなみにこの「Working for Peanuts」、知らなかったんですがフロリダのマジック・キングダムで一時期Magic Journeysのプレショー的な扱いで上映されていたそうです。へええ。(参考:Working for Peanuts (1953)Working for Peanuts – Wikipedia, the free encyclopedia

関連する記事: 2007-12-22