instagramもフォローしてね

今日のひとこと

ちょGIGAZINE効果スゴス1stブックマークが1年以上前→はてなブックマーク – disneycom.jp(ディズニー混む.jp)

コメントにあるように、パーク内からの掲示板アクセスへのニーズというのは間違いなくあると思うな。テーマパークは行く前よりも行ってる最中で便利なサービスが好まれるし(そういう意味でゲッパスのほうがビジネスとしてはセンスがあるとは思う。ただTDRの場合そもそもファストパスは余らねえだろとも思う。余ったとしてもそれが余ったという認識になるのは利用期限の数分前)。あとケータイ族をターゲットにするならメールベースの非同期な情報配信(要するにニワンゴ的な、メールを投げるとそれにあわせた返信が来るというもの)が受けるのではないかと思う。もしくはGPSを絡めたもの。

行く前がダメで行ってる最中がよくて、じゃあ行った後のサービスは?というとこれこそ運営者側しかできないものなんじゃないかと思う。例えば体験したアトラクションを時系列に並べて写真やDVDを作ってくれるサービスとか。そんなの遠い未来の話でしょ?と思う無かれ。すでにそれを実行している遊園地があります。

UKにあるAlton Towersが行っているYourDayというサービスがものすごい。まずこれは入園者にRFIDタグが埋め込まれたリストバンドを付けてもらい、各ライドにあるセンサーが読み取ると、入園者がいつどのアトラクションを体験しているのかが記録されます。そしてその情報を元にライドに乗ったときの映像をあつめ、これをその日の内にまとめてDVD化してくれるというもの。以前Wiredでディズニーも記念写真を似たような仕組みで提供し、もうゲストはカメラを持つ必要がない、というような話を10年くらい前?に読んだ記憶があるのですが、とうとう現実のものになってしまいました。Pal Mickeyのように場所にあわせた説明をする仕組みもスゴイと思ったけどこれにはかなわん。

つーことでOLC無認可系サービスはOLCが絶対できないことをビジネスとして考えた方がよいと思われます。つってもパーク内交流という点では2chが競合になるんで難しいと思いますが。ディズニー近辺でビジネスといっても無難に私家版ガイドブックを地道に作るというくらいしか思いつかないんだよね、正直。(参考:現地ではディズニーの店でも普通に売ってるWDWアンオフィシャルガイド