今日のひとこと

マトリックスという映画がありまして、1作目は世界観に引き込まれ、2作目ではものすごい特殊効果とえらい数の伏線が張り巡らされ、直後に完結編となる3が公開されるというスケジュールにものすごく心躍った記憶があります。2を見た後の友人との語り合いはかなりあつかった。選択という言葉を頻繁に使うオラクルはプログラム言語でいうところのwhich文で、キーメイカーはどこにでもいけるということでgoto文、そうするとアーキテクトはmain関数なんだよ!なんだってー、というようなことや、ツインズはあれで終わりはしないだろうとかいろいろと伏線の回収の仕方を想像していたら結局は実写版ドラゴンボールにすぎませんでした、という。公開直後にものすごくいい映画館でレイトショーの予約までしておいてコレかよ!というあのときのショックは忘れられません(アニマトリックスやエンター・ザ・マトリックスまで買っておいてレボリューションズはDVD買っていない)。

まあ、この手の映画は面白いから見に行く/つまらないから見ないではなく、よくいえばお祭り的、悪くいえば惰性なのであまり深くは考えないのが吉なのかもしれませんね。なんのこと?っていわれても困るけど。(参考:超映画批評『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド』

関連する記事: 2007-08-27