キリマンジャロ・サファリの内容が一部変更になる

Jim Hill : Say good-bye to Little Red: Finale of DAK’s Kilimanjaro Safaris to be retooledを。どうもこの記事を見ると、ディズニー・アニマルキングダムでの大人気かつテーマの中心となるアトラクション「キリマンジャロ・サファリ」の最後、ゲストが乗っているジープ「シンバ・ワン」が協力して密猟者から子象を救い出すために走る、というイベントが丸ごとカットされるようです。

上記の記事を読んでいると、どうももともとのシナリオは子象のリトル・レッドだけではなく母親象のビッグ・レッドが登場する予定で、結果的に密猟者によりビッグ・レッドが殺されているシーンを目の当たりにするというものだった、という衝撃的な話が。子象が捕まえられるシーンだけでも初めて体験したときに「教育的要素の非常に強い」という印象を受けたのですが、もともとのシナリオは輪をかけて強烈。しかしこのシナリオの強烈さが問題となり、開園3週間前にカットされるという決断がなされたようです。つまりこのアトラクションは、イマジニアの希望通りのものではなく、今回さらにシナリオが切られ、本当に伝えるべき点(サバンナは密猟の危機にさらされ続けていること)が全く伝わらないアトラクションになってしまう、というのがジム氏の主張。

ざっとしか読めてないのですが、知らないことばかりで驚きでした。確かに当初案が実現されていたらかなり毒のあるアトラクションではあったものの、現実を考えさせるということは間違いなくできていたはず。あとでまた読む。(参考:DAK/A/Kilimanjaro Safaris – WDW-wiki by dpost.jp