史上初、パークにいるのは1家族だけ?!

こりゃすげー。wdwnews.com – Walt Disney World Resortによると、2006/10/1からスタートした’Year of a Million Dreams‘の最初のイベントとして、選ばれた超ラッキーな家族がWDW、マジックキングダムを「貸し切る」というとんでもない権利をゲットした模様。まあ貸し切るといっても正確にはエントランスからお城まで赤い絨毯が敷かれていて、通常開園前に彼らのためだけにオープンしたというイベントだったみたい。2006/10/4に行われたそのイベントの写真を見ると確かに異質な光景。んでこの後突然ブラスバンドやキャラクター、そしてキャストがやってきて、この家族のためのセレモニーが行われたと。間違いなくマイケルジャクソン以上の待遇。うらやましいね。

Mickey News – Ohio family gets Walt Disney World to themselves for morningの記事によると、この一家はその後アトラクションも貸し切りで体験でき、「カルーセルを一家とキャラクターたちが貸し切り」「ジャングルクルーズのスキッパーを体験」というようなことを、並ぶ事なく体験できたようです。そのほかの人たちは通常より1時間おそい10:00AMから、彼らの居ないエリアより順次オープンしたそうです。(参考:Ohio family wins grand prize — an empty Magic Kingdom – Orlando Sentinel : Tourism

関連する記事: 2006-10-13