ディズニー・アート展行ってきた

ということで行ってきましたMOTで行われているディズニー・アート展。ついたのが3時前でえっらい混んでまして入場制限。朝早く行くことをお奨めします。

で、内容。フロア2つを使った展示は確かに貴重。保存状態が良かったとはいえ、千葉大学分のセルは波打ったり色がはげたりという状況で、逆にそれがいままでに無い雰囲気を醸し出していました。というか、正直セル画の展示については貴重だというのは分かっていつつも世の中に複製がありまくりなのでなんかいまいちピンとはこず。どちらかというとナイン・オールドメンがそれぞれ書いた原画の方に目がいってしまった。マーク・デービスのティンクとかは確かに神がかっている。

んで恥ずかしながらその場で知ったんですが、眠れる森の美女やアリス、シンデレラなどのコンセプトアートを描いたメアリー・ブレアという方の存在。確かにこの方の絵は非常に印象的。コンセプトアートなので実際の映画でのイメージとは異なりますが、ウォルト自身も惚れ込んだというのがよくわかる内容で何枚かポストカードを買ってしまった。(参考:Mary Blair – Wikipedia, the free encyclopediaDisney Legends – Mary Blair

ちなみにグッズ売り場も非常に盛況。とりあえずは今回のイベントの図録を。2800円と値は張りますがそれだけの価値はありそう。ということで気になる人は出来る限りお早めにどうぞ。あと通常は月曜休館なのでお気をつけてください。これをちゃんとGoogle Calendarに反映させるの大変だったよ。

関連する記事: 2006-07-222008-03-122009-03-18