asahi.comにラセター監督のインタビューが

asahi.com:「人生を楽しむことが大切」CGアニメのラセター監督が語る – 文化芸能 を。特筆すべきはやはり

「まずは役員主導だった企画立案を監督主導に変える。監督の情熱とハートから作品が生まれ、作り手の個性が発揮されれば、新たなスタジオのカラーが生まれるだろう」

と、

「いまハリウッドのスタジオはどこも、手がきアニメはもう受けないと考えているが、ストーリーがつまらなかったのを手がきのせいにしているだけだ。手がきの素晴らしさは宮崎駿さんの作品を見れば分かる。ディズニーこそ手がき作品を作るべきだし、いずれ作るだろう」

よく言ってくれました。いまラセター氏はディズニーアニメーション部門のトップになってますので、今後の作品にもこのひとことが影響するのは間違いないでしょう。いまからならたぶんラプンツェルくらいなら間に合うかな。

関連する記事: 2006-07-29