米ディズニー、Playhouse Disneyのコンテンツを公立図書館向けに無償提供

シェアする

幼少児向けコンテンツ”Playhouse Disney”が米公立図書館で無料提供へ (MYCOMジャーナル)を。Playhouse DisneyのPreschool Time Onlineを公立図書館向けに無料提供するという発表ですが、Disney Online社の副社長となるSteve Parkis氏曰く

楽しみながら学習できる環境に最もふさわしい場所として、ぜひとも公立図書館を含めることが必要である。特に図書館以外の場所ではブロードバンドを利用できない親子に、(公立図書館向けの)新サービスは不可欠なものとなるだろう

と、なかなか素晴らしい内容になっています。

ちょっと被害妄想的にこのニュースの日本での反応を想像すると、「『ディズニー』みたいな責任感のないおとぎ話に、幼少の頃から触れさせたくない」的な意見とか、「『ディズニー』が企てる洗脳だ」みたいな意見がある予感。まあ三つ子の魂百までを狙っていることは間違いないと思いますが、なかなか出来ることじゃないと思うんだよね。そういう意味で拍手。あ、日本でのイメージだとミッキー出ずっぱりに思うかもしれませんが、プレイハウス・ディズニーにはほとんどメインキャラクターは出てきません。ブック・オブ・プーくらい。雰囲気はNHKの「おかあさんといっしょ」をイメージしてください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク