今日のひとこと

ニュースがないことをいいことにしばらくこっちを放置してました。触れなきゃいけないのに読む時間がないネタ(具体的には今回のOLC中間報告)は他のサイトを読んで触れた気になるメソッドを利用。あとこれも積み残し事項として認識はしている。そんななかちょっぴり気になったのはNi-gata Traders ? TDRのアトモスフィア全終了の噂というエントリ。うーむ、そんな噂が。もちろんマニア的発想からするとそんなパークはあり得ないってことにはなるんだけど、一般の目から見た「アトモスフィア」を考えるとその噂が出て来た背景もある程度納得がいく。正直ステージショー自体、季節のスペシャルイベントを除くレギュラーショーなんてほとんどの人がきっちり見ていないと思います。嘘だと思うなら非ディズニーマニアがパークに行ったときの話と行動を聞けばわかる。いくら素晴らしいショーであったとしても、東京の場合は費用対効果が見込めないのではないかと。そのお金を引き当ててむしろどんなショボくてもアトラクションを作った方がウケるというのが現状なんじゃないでしょうか。

これは要するにUSには存在している、パークの雰囲気を楽しむ的な要素を日本で浸透させることが出来なかったことの表れじゃないかなと思います。特に最近は東京ディズニーリゾート:大人のあなたにも、ディズニーを。というような意外なコンテンツが出て来てはいるけど、やっぱりカップルにはアトモスフィアよりもキャラクターとの出会いだったり何時間並ぼうがアトラクションでしょ、っていうことだったのかなあ、と。

ま、もちろん噂で終わってくれればいいな、とは思いますが、そういう考えに至る可能性も非常にあるなあ、と思った次第。12〜15周年あたりからパークにはまった自分としては、そのころはショーにあふれててマニアにとっては一番いい時期だったなあ、と思うだけにあのころよもう一度、とは思うものの、慈善事業じゃないからね、OLC社も。