ピクサー買収に関するFAQ

上記で取り上げた記事を読んで、主観がはいっちゃってますが分かる範囲でまとめました。間違い等指摘してください。ひょっとしたら随時追加します。

◆いったい何が起きたの?

Walt Disney Company(以下、ディズニー社)が、Pixar (以下、ピクサー社)を、74億ドル相当の株式交換(ピクサー社株1に対しディズニー社株2.3)により買収しました。これにより、ピクサー社の現金(10億ドル程度)を含めた資産をディズニー社が取得することになります。また、ピクサー社の筆頭株主となるCEO、スティーブ・ジョブス氏はこの取引によりディズニー社最大の個人株主となります。

◆人事面では何か変化があるの?

現在分かっているだけで、ピクサー社のCEOであるスティーブ・ジョブスはディズニー社の取締役に就任し、ディズニー社に「Pixar/Disneyアニメーション製作部門」を新設した上でその部門長としてピクサー社長のエドウィン・キャットマル博士が就任、さらにピクサー社VPであり、最も重要なクリエイターでもあるジョン・ラセター氏(トイ・ストーリー等の監督)は上記部門の要職だけではなく、ディズニー社のボブ・アイガーCEO直属の組織であるウォルト・ディズニー・イマジニアリング部門でもクリエイティブ部門主任アドバイザーとして就任することが伝えられています。(ウォルト・ディズニー・イマジニアリングはテーマパークでのアトラクション等を開発する部門です)

◆今回の合併、得をするのは誰?

両社、そして両者すべてが得をするのではないかと考えられます。

まず、ディズニー社とピクサー社の現状をまとめます。

強み弱み
ディズニー社強力なメディアコントロール力映画部門低調(参考
ピクサー社映画がすべて大ヒット配給力なし、パートナーが決まらず

これに加え、スティーブ・ジョブスCEOはアップル社のCEOでもあり、iTunes Music Storeのビデオ販売にあたり強力なコンテンツを必要としていた、という背景も大きいと思います。ディズニー社のボブ・アイガー氏も映画部門を立て直さないことにはディズニー社に未来がない(後述)ことが分かっていたため、弱みと強みの補完ができることが今回の買収につながったのでしょう。

つまり、今回の買収は敵対的なものではなく、きわめて友好的なものとなります。

◆ピクサーとディズニーって仲が悪かったんじゃなかったっけ?

正確にはどうやら、「スティーブ・ジョブスCEOとマイケル・アイズナー元CEO」の仲が悪かった、というのが正解のようです(参考:dpost.jp – ニュース)。マイケル・アイズナー氏は任期半ばにして退任しましたが、その前後にジョブス氏とアイガー氏は会談し、ビデオ対応iPodの会話をしていたという話もあるので、決してディズニー自体を嫌っていたわけでは無いようです。

◆そもそも、ディズニー社はテーマパークやミッキーなどの資産があるんだから、ピクサーを買わなくてもなんとかなるんじゃないの?

答えはNoです。

ディズニーのビジネスの場合、テーマパーク業やグッズ販売業、およびABCネットワークによる放送事業も(ほぼ)好調ではあるのですが、これらのコンテンツの紀元をたどると映画がスタートであることが分かるかと思います。つまり、ディズニー社は良質な映画を常に作り続けなければいけないというビジネスモデルなのです。映画が作られヒットし、それによりグッズを作成、その世界観をもとにアトラクションを作成しテーマパークに人を呼び、テレビシリーズを製作していく必要があります。

ところが、先にも書いたようにここ最近のディズニー社映画製作部門はライオン・キング以降不振を続けています。そのため、ピクサー社のような良質な映画を制作する部門が必要なのです。

◆「ピクサー」って無くなっちゃうの?ピクサーもバーバンクのディズニースタジオに移るの?

無くなりません。会社としては吸収されますが、ピクサーはブランドとして残るとのことです。

また、サンフランシスコにある特徴的なピクサー本社についても、移転する予定は無いとのことが発表されています。

◆これからの公開に影響はあるの?

若干出てくるとは思いますが、ほぼプラス方向の変化です。

まず、ディズニー社側の公開スケジュールはdpost.jp(2005-11-08)にあげたものとなり、いま公表されている範囲ではピクサー作品は2作のみとなります。まとめると、

  • 2006年−カーズ(ピクサー社)、ミート・ザ・ロビンソン(ディズニー社)
  • 2007年−ラタトゥイユ(ピクサー社)
  • 2008年−アメリカン・ドッグ(ディズニー社)
  • 2009年−ラプンツェル(ディズニー社)

が、今後の公開スケジュールとなります。

しかし、ジョブス氏が興味深いコメントを。AppleInsider Jobs and Iger comment on Disney’s acquisition of Pixarによると、

Jobs said Pixar has been holding back from announcing its next slate of feature animation films and is now is discussing when to make the official announcements. “Nothing has been decided yet,” he said.

つまり、ピクサー社はこの買収が終わるまでは以後のスケジュールをあえて公表していなかった、ということになります。2007年以降のスケジュールも間もなく公表されるでしょう。

◆そういえば、ピクサー抜きでトイ・ストーリー3を作るって言ってなかった?ピクサーを買収したなら続編は確実?

そうとは言えない状況のようです。同じくAppleInsider Jobs and Iger comment on Disney’s acquisition of Pixarによると、

On the topic of sequels, where Pixar and Disney have at times had opposing views, Disney said it’s important that any sequel be worked on by some creative personnel that took part in the creation of the original film. “We see sequels as first class citizes, not second,” added Jobs. “They can be just as great or better than the original.”

つまり、スティーブ・ジョブス氏はウォルト・ディズニーの続編に対する考え方(参考)に近く、前作を超えないような続編は作らない、また作るとしても元の映画を作ったメンバーが作るべきである、ということをコメントしています。これを考えると過去発表されたトイ・ストーリー3とはまた異なる「3」が作成される可能性はあります。

◆mtakeshi的には、どう?

わ く わ く し て ま す よ !

関連する記事: 2007-06-10