香港ディズニーランド行ってきた

ということで行ってきました香港ディズニーランド。といってもメインは香港旅行で、ディズニーランドへは朝粥食べてから出発というスケジュールでついたのが12時、かつ平日なもんで終わるの19時。ただ、結論から言ってしまうと香港がダメだとか狭いとかアトラクション少ないってのは全く持って杞憂。激しく激しくうらやましいと思うパークでありました。50年以上存続する資産というお話はダテではない。

便利なロケーションがうらやましい

香港ディズニーランドは空港のあるランタオ島で、香港島や九龍からは30分くらいでしょうか。現地のオクトパスカード(東京のSuicaみたいなもの)のツーリスト向け3日間パスだと空港からの往復もついて3日間フリーなので、香港中心部にホテル取った場合に便利。乗り換えも東京の地下鉄乗ってる人なら容易に理解できるでしょう。乗り換え駅となるSunny Bay駅からリゾートライン線が出ているのですが内装はTDRのリゾートラインモノレールにそっくり。しかもそれが直結しているんで実に実に便利。

オリジナル、そして最新のアトラクションがうらやましい

いやー、何よりビビったのはジャングル・リバー・クルーズ。ものすごく簡単に言うとアメリカ河にあるのがマーク・トゥエイン号じゃなくてジャングルクルーズの船になってます、という内容なんですがこれがもう。クラシックなアトラクションを現代風にアレンジするとこうなります、という見本。そしてスペース・マウンテンはこの前リニューアルしたロス版そのもの。東京のは一番クラシックなバージョンが残る貴重な物になってしまった。んでフロリダにしかなかったミッキーのフィルハーマジックもあるわけで。アトラクションの数は少ないのは確かなんだけど、厳選した物だけきっちり作ったという印象でした。イッツ・ア・スモールワールドやホーンテッド・マンションがないディズニーランドなんて、という人もいるでしょう(ていうか自分も思ってた)。でも、存在しないのはきっとそれを今風にアップデートすることなく最新のパークにおくのはもう時代遅れ、ってことなんでしょう。となると今度ここにそれらの「同名」アトラクションが出来るとき、激しく楽しみなパークになるわけです。

ショーとかアトモスフィアもうらやましい

んで香港オリジナルのショー、「ゴールデン・ミッキーズ」。これはさすがに広東語のため内容の細かいところは分からなかったんですけれども、ここ最近の長編作品含む映画の名シーンをちりばめたすばらしい作品。イメージとしてはフィール・ザ・マジックやロスで昔やってたアニメイズメントみたいな。紗幕使ったシーンはきれいだなーと。感心したのはウェイティングのときに左右のスクリーンで過去の作品のコラージュが見られるんですが、よーく見ているとすべて「時計に関係するシーン」だけ集めてんの。こまけー。もう一つ、こういうキャラクターが登場するショーを香港のラウンチに持ってくるというのはとっても正しいのを持ってきたなあ、と思うとともに、持ってこようと思えば東京ディズニーシーのオープニングにでも持って来れたんだろうけどそれをあえてアンコール!としてオリエンタルランドもすごいと思った。あ、「ライオン・キング・セレブレーション」については名前が同じだけでアニマル・キングダム版と内容は異なります。

もう一つ密かに感動したのがトゥモローランドのBGM。There’s a Great Big Beautiful TomorrowのみならずThe Best Time of Your Lifeまでもがアレンジされてかかっていた。すっげ。

東京では体験できないあることがうらやましい

閉園となる19時からディズニー・イン・ザ・スターズはパイロ中心の花火のショーなんですが、これがまたキャッスルの壁面(眠れる森の美女城なので背が低い)も使うショーで大変なことに。といっても25分前にいって城の前2列目というような混雑度。んでその壁面に映る映像がちょwwおまwwwそれ○○○のショー映像そのものじゃん!という内容で驚く。知ってる人だけニヤリとすればよい小ネタ。

で、これが実は一番うらやましかったんですが、19時にショー開始でそのまま閉園というのは東京ディズニーランドでは体験できないこと。このときの静かなBGM(ロスだとRemember Whenね)を聞きながら人の波がパーク出口に向かうというのは、ロスやフロリダでは当たり前の光景で、これを体験すると1日終わったー、という感じだったので、これこそディズニー・エンターテイメントと思うわけです。それがまさかこの狭くて著名アトラクションがない香港で体験できるなど全く思っておらず。

これからが楽しみな「リゾート」がうらやましい

確か香港ディズニーランドは隣に第2パークを作る敷地もありますし、既にホテルも2つ隣接しているわけで、今あるのは氷山の一角。来年今年夏にはオートピア(これまたクラシックなアトラクションを・・・)もできます。じゃーそれらが出来てからでいいや、と思う人も多いと思いますがそれは本当にもったいない。今回実質7時間しか滞在してませんでしたがほぼ主要アトラクション&ショーは見られましたしそれでも余裕があったわけで、行くなら今しかありません。ロスに行ったことがある人もない人も、東京にはまった人もそうでない人も、1回は体験しておきましょう。

関連する記事: 2006-01-102006-02-092006-07-062006-09-052006-09-122007-02-012008-01-09,2009-06-30