客室乗務員が映画上映をボイコット、その理由は

CNN.co.jp : 客室乗務員がJ・フォスター新作に激怒、上映反対という記事。このジョディ・フォスター主演の映画とはブエナビスタ配給のフライトプラン。これは航空設計士のジョディが、飛行機の中でこつ然と姿を消した娘を捜すというストーリー。予告を見るとその様子が分かるのですが、劇中ジョディに対しての客室乗務員の行動が現実に即していないということが理由で怒っております。予告をさらっと見てみましたが、以下の発言に同意。

米ウォルト・ディズニーの広報担当は「映画を観賞する人たちは、現実世界で働き、素晴らしい成果を挙げている客室乗務員と、フィクションである映画を区別することができると確信している」と述べている。

リアルじゃあり得ねえよこんな話。