ディズニーが作る今後の映画への期待

この前の記事に対する個人的な見解。いや2ch映画板のスレに書こうと思ったんだけど自分のところに書くべきだった(笑)。この5本のウチ2本期待する映画がある。1つはクリス・サンダースの「American Dog」。もうこれはクリス・サンダースが作り出すストーリーが見たい!という1点に尽きる。リロ&スティッチのストーリーはほぼパーフェクトだったからなあ。そしてもう一つはラプンツェル。これは本当に久々の古典的童話ベースの映画(どれ以来になるんだ?)。かつグレン・キーン参加と言うことで注目。彼は美女と野獣で輝かしい功績を残していますが、彼が出演したWOWOWのディズニースタジオ特番で、ボールルームのCGとの融合をして、アニメータがどんどん最新技術を取り入れていかなければいけないというような趣旨の発言をしていました。曰く、鉛筆がコンピュータになっただけ。そしてそれがちょっとだけ進んだのが現在の3DCG路線であるはずであろうと。それを考えると期待せずにいられない映画。惜しむらくは3年後ということで、それまでにディズニー映画にどのようなことが起こっているのかが非常に非常に心配。ピクサーとの復縁話が(また)出てきていますが、2008年までのラインナップにピクサーが不在だとすると、これはもうダメかもわからんね的展開も0%ではない。私にとって身近な例としては、あれだけ隆盛を誇っていたパームコミュニティの老舗ウェブサイトが次から次へと無くなっていってしまっている。ディズニーもこれと同じことが起こらないことを切に祈る次第。

っておまえは続けてろっつー話もあるだろうけどさ。