ディズニー最後の良心、Home On The Range(の続き)


Home On The Range — The Official Website

ということでディズニー最新長編作にして最後の2Dアニメーション長編といわれるホーム・オン・ザ・レンジ。DVDが発売されて見てみたらかなりツボ作品だったというエントリの続きなんですが、この作品自体は非常に地味なんだけど目玉がちょこちょことあるからすごい。まず公開前から注目していた音楽。久々にディズニーが誇るミュージックメーカー、アラン・メンケン参加作品ということで即サントラを購入していたんだけど、映像と合わせてみると非常によい。とくに、k.d.langが歌うほぼメインテーマ「Little patch of heaven」は実にすばらしい音楽と映像で、わずか数分で牧場Little patch of heavenの雰囲気とメインのキャラクターたちの性格がカンペキに伝わってくるのはディズニーの力量と、アラン・メンケンの才能を感じる。この時点でこの映画のほとんどは完成したんじゃないかな。しかし本当にアラン・メンケンは「映画の雰囲気にあった音楽」をつくるなあ。毎回毎回完全に異なる音楽が創造されているのは本当にすごい。

で、そこでほとんどが登場してしまうキャラクターたちの魅力。元々この映画自体のトーンが非常に独特の画風で、今までのでいうとポカホンタスやムーランをさらにカリカチュア化したかんじ。特に動物たちが主人公のほとんどを占めるこの映画ではこれが功を奏していると思う(特にブタ3匹)。人間側のキャラクター作りも実にうまくて、バウンティハンターでニヒルでクールなヒーロー的存在のRicoや、一応の悪役Alameda Slimなど強烈。特に後者の「武器」はちょっとだけ笑った。そうきたか!全体的に悪役も憎めない感じで、全体が明るいドタバタ喜劇になっている点がすばらしいと思う。

そしてこの物語の全体を通して、メインテーマとなるのが女の友情であることがなかなか新鮮。そもそも私の場合、この映画の存在はディズニー・MGMスタジオで知ったのですが、そのときのアートワーク一枚がこの映画の全てを語っていたんじゃないかと思うと、ディズニーの力はまだまだある、と思います。一つ一つのシーンに込められた力を感じることが出来ました。最後のシーンでの写真をみるともうこのLittle patch of heavenにいってみたくて仕方が無くなりますよ。この牧場、WDWのマジック・キングダムあたりに出来ないかなあ、と思ったりします。

一応ディズニーはこの次の作品以降、3DCGで長編アニメーションを作成することを公言していて、次回作「Chicken Little」や、クリスマスに発売の「Mickey”s Twice Upon A Christmas」(邦題:ポップアップ ミッキー / すてきなクリスマス)などがすでに上げられていて、このDVDにも後者の予告が入っていましたが、ディズニーの魅力であるキャラクターの動きが失われているのは一目見て明らか。それだけに、この最後の2D作品が日本でまだ公開未定というのは悲しい。あれだけかたくなにCCCDを採用し続けていたエイベックスだって変わった。そして、ディズニーの3DCGへの転向を喜ぶファンはいないと断言してもいい。もう一回考え直すべきだと思いますよ、真剣に。

#後もう一点。DVDには3匹のブタとこの映画のオールキャストが登場する短編「A Dairy tale: The Three Little Pigs」が収録されている。久々にディズニーの短編が見られて実にうれしかった。

参考:

関連する記事: 2005-08-142006-03-01